[奈良] 南都七大寺・興福寺(こうふくじ)

[奈良] 南都七大寺・興福寺(こうふくじ)

興福寺(こうふくじ) TEL:0742-22-7755 〒630-8213 奈良県奈良市登大路町48
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

南都七大寺・興福寺(こうふくじ)

[ 南都七大寺・興福寺(こうふくじ)・東金堂と五重塔]

 

 

ワンポイント情報☆彡

  • 中金堂・一般拝観
    10月20日(土)~ 09:00~17:00
    拝観:大人500円、中高校生300円、小学生100円
    詳細 ⇒クリック
  • 国宝館
    09:00~17:00
    拝観:大人700円、中高校生600円、小学生300円
    拝観(国宝館・東金堂連帯共通):大人900円、中高校生700円、小学生350円
  • 東金堂・
    09:00~17:00
    拝観:大人300円、中高校生200円、小学生100円
  • 興福寺会館
    09:00~16:00
    拝観:無料
  •  
  • 春日社参式  : 1月2日 
  • 追儺会(ついなえ) : 2月3日 18:30~
  • 涅槃会(ねはんえ) : 2月15日 10:30~
  • 薪御能 : 5月 第3金曜・土曜日
  • 弁才天供 : 7月7日 09:00~ 年1回の特別開扉。
  • 大般若経転読会 : 10月17日・南円堂特別開扉
  • 慈恩会(じおんね) : 11月13日 19:00~
  •  

 

これまでの行事・イベント☆彡

  • 準備中… 

 

 

 

 ここが「興福寺(こうふくじ)」だよ。

 興福寺は、藤原鎌足の持仏堂からはじまり、鎌足の夫人・鏡王女が鎌足の病気平癒を祈願して山階寺(やましなでら)を山背国山階(現京都府京都市山科区)に建立、飛鳥に移って厩坂寺(うまやさかでら)と称した。その後、和銅3年(710年)の平城遷都に際し鎌足の子不比等によって平城京の東、現在の地に移され、興福寺としたと伝えられる。

 興福寺って、どこからどこまでが興福寺かよくわからないよね。奈良に行って大仏さんと鹿さん、東大寺まではみんなおしゃべりしても、この興福寺はようわからへん。

 

 そうだね。興福寺の五重塔と猿沢の池までは想い出すね。

 最近では、阿修羅像でメジャーになったけど、阿修羅像のあるお寺だよって言うと伝わるね。この興福寺の歴史をしっかりと理解しておくと奈良もぐっと身近になるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 


興福寺(こうふくじ) 概要

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト)

名 称 興福寺(こうふくじ)
別称 -
所在地 〒630-8213 奈良県奈良市登大路町48
山号 -
宗旨 法相宗
寺格 大本山
本尊 釈迦如来
創建年 伝・ 天智天皇8年(669年)
開基 藤原不比等
札所等 南都七大寺2番
西国三十三所9番(南円堂)
西国薬師四十九霊場4番(東金堂)
神仏霊場巡拝の道16番
大和北部八十八ヶ所霊場 第62番(菩提院)
文化財 [ 国宝 ] 五重塔・木造弥勒仏坐像・乾漆八部衆像ほか。
[重要文化財] 南円堂・木造薬王菩薩・薬上菩薩立像ほか。
[世界遺産]1998年(平成10年)「古都奈良の文化財」の一部として登録。
拝観時間 09:00~17:00(入堂・入館は16:45迄)
休日 年中無休
電話 TEL:0742-22-7755 FAX:0742-23-1971
国宝館 問合せ → TEL:0742-22-5370
東金堂 問合せ → TEL:0742-22-7781
拝観料 ◇ 国宝館(拝観料) 
  一般・大学生 高校・中学生 小学生
個人 700円 600円 300円
団体
(30名以上)
600円 500円 200円
身障者 350円 300円 150円
 
◇ 各堂拝観料
  一般・大学生 高校・中学生 小学生
東金堂 300円 200円 100円
中金堂 500円 300円 100円
駐車場 有り(有料・普通車46台・09:00~17:00)
アクセス ・近鉄「奈良」駅下車→徒歩約5分。
・JR「奈良」駅下車→ 市内循環バス「県庁前」下車→徒歩約3分。
その他  

 

 

 

興福寺南円堂(こうふくじなんえんどう)

[興福寺南円堂(こうふくじなんえんどう)]

 


興福寺(こうふくじ)の歴史

 

  •  

 

 

めもめも(知っ得情報)

 

  •  
  •  

 

  • 南都七大寺(なんとしちだいじ)

  • 奈良時代に平城京(南都・奈良)と周辺にあった朝廷の保護を受けた七つの大寺をいう。
  • 1.興福寺(こうふくじ) 奈良市登大路町  ⇒ クリック
  • 2.東大寺(とうだいじ) 奈良市雑司町   ⇒ クリック
  • 3.西大寺 (さいだいじ) 奈良市西大寺芝町  ⇒ クリック
  • 4.薬師寺(やくしじ)  奈良市西ノ京町  ⇒ クリック
  • 5.元興寺(がんごうじ) 奈良市中院町   ⇒ クリック
  • 6.大安寺(だいあんじ) 奈良市大安寺   ⇒ クリック
  • 7.法隆寺(ほうりゅうじ)生駒郡斑鳩町   ⇒ クリック

 

 

【参考資料】

 

  • 『興福寺流記』(成立期:平安時代末期頃)
    『大日本仏教全書128 興福寺叢書第一』潮書房, 1931年4月
  •  
  • 元興寺仏教民俗資料刊行会編『智光曼荼羅』東京電機大学出版局、1969年
  •  
  •  
  • 東野治之『鑑真 』岩波新書, 2009/11
  • 西山明彦,滝田栄(著)『新版 古寺巡礼奈良(8) 唐招提寺』淡交社, 2010/11
  •  

 


参考サイト

 

 

  • [奈良] 南都七大寺・興福寺(こうふくじ)
2017年10月01日