[三重・熊野] 獅子巌(ししいわ)・熊野灘に向かって吼える獅子・ユネスコの世界遺産・三重県熊野市井戸町

[三重・熊野]
獅子巌(ししいわ)・熊野灘に向かって吼える獅子・ユネスコの世界遺産・三重県熊野市井戸町

獅子巌(ししいわ)
所在地:〒614-8001  京都府八幡市上津屋 問合先:TEL 075-983-1111 八幡市役所
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

ぷらり歴史路>世界遺産 獅子巌(ししいわ)(高さ 約25m 周囲 約210m)

[世界遺産 獅子巌(ししいわ)(高さ 約25m 周囲 約210m)]

 

ワンポイント情報☆彡

  •  
  • 【人気の撮影タイミング】
    ・5月中旬~6月中旬 朝日を咥(くわ)えて。
    ・11月~12月 夕方に満月を咥えて。
    ・8月17日 熊野大花火大会の花火を背景に。
  • ・「スマホでみえ得キャンペーン」
    スマホでアンケートに答えるごとに”その場で”特典がゲットできる。「みえ旅案内所」や「みえ旅おもてなし施設」に設置してある表示ステッカーやPOPに記載のQRコードを読込んでアンケートに答えると、プレゼントや割引などゲットできる。 詳細⇒クリック 

 

 

 

 「獅子巖」は、高さ約25m、周囲約210mの熊野灘を睨む獅子の姿をした奇岩ですね。地盤の隆起、風化及び侵蝕などの海蝕現象によってうまれ、世界遺産、そして国の天然記念物及び名勝となっています。

 

 この獅子巌(ししいわ)は、昔から、と言ってもいつの昔からは知らないけれど、井戸川上流に在る「大馬神社」の狛犬の阿吽(あうん)の「阿の岩」とし、南側にある「神仙洞(しんせんどう)」の「吽の岩」と共に親しまれて来ていると言うことです。「大馬神社」に狛犬が無いのはこうした理由のようです。

 

獅子巖・案内 ぷらり歴史路

[獅子巖・案内]

獅子巖
 高さ約二五メートル
周囲約二一〇メートル
の岩塊で海岸の断崖の
遺物と認められる。獅
子が大洋に向ってほえ
る形をしている。その
口にあたる部分は鬼ヶ
城の洞窟と同じ成因に
よるものである。
 地盤の隆起と海蝕の
現象の生み出した奇観
として稀に見るもので
ある。

 

 

 

 

獅子巌(ししいわ) 基本情報

 

  • 名称 : 熊野の鬼ケ城 附 獅子巖くまののおにがじょうつけたりししいわ )
  • 通称 : 獅子巌(ししいわ)・阿(あ)の岩
  • 所在地: 三重県熊野市井戸町
  • 緯度 : 33.88926
  • 経度 : 136.11430
  • 文化財種類 : 史跡名勝天然記念物
  • 種別 : 天然記念物 名勝
  • 指定年月日: 1935.12.24(昭和10.12.24)
  • 追加年月日 : 1958.06.24(昭和33.06.24)
  • 指定基準:五.岩石、洞穴, 八.砂丘、砂嘴(さし)、海浜、島嶼,(五)地震断層など地塊運動に関する現象,(九)風化及び侵蝕に関する現象
  • 所在都道府県: 三重県
  • アクセス: 
  • 駐車場: 有り

 

 

 

めもめも☆彡

  • 1935年〈昭和10年〉12月24日:国の天然記念物「鬼ケ城」指定。
  • 1958年(昭和33年)6月24日:国の天然記念物「鬼ケ城」に「獅子巌」追加指定。同時に名称変更(国の名勝および天然記念物「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」)。
  • 2004年7月:ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録。
  •  
  •  

 

周辺お薦めスポット・行雲流水

 

周辺宿泊施設☆彡


 

 

 

 

参考情報・参考サイト☆彡

 

  •  
  • 観光・熊野市役所 ⇒ クリック
    TEL:0597-89-4111 熊野市役所 〒519-4392 三重県熊野市井戸町796
  • 世界遺産のまち 三重県熊野市の観光ポータルサイト
    熊野市観光協会・Kumano City Tourism Association ⇒ クリック
    TEL:0597-89-0100 (09:00~17:00 ) 〒519-4324 三重県熊野市井戸町653-12
  • 観光三重(かんこうみえ)・三重県観光連盟公式サイト ⇒ クリック 
    TEL:059-224-5904 FAX:059-224-5905 公益社団法人 三重県観光連盟
    〒514-0009 三重県津市羽所町700 アスト津2階
    案内受付:月曜~金曜日まで 09:00~18:00(除く:祝日・年末年始)
  •  
  • 国指定文化財等データベース・文化庁 ⇒ クリック
  •  

 

 

2019年12月06日