[大阪]一本松海運のなにわ探検クルーズ

[大阪]一本松海運のなにわ探検クルーズ

 

 一本松海運のなにわ探検クルーズって
90分なんだね。
これは、楽しみだよ

 クルーズ、結構人気があるから、早めの予約がいいかも。

 

 人気ありそうだよね。
 テレビで出てくるおーさかが リアルに解説付きでみえてくるみたいだね。
グリコのバンザイ看板 ピエロのおじさん ビリケン?
まだ、あったことないダニ(笑)



 

 


「落語家と行く なにわ探検クルーズ 川の環状線コース」まとめ


名  称 「落語家と行く なにわ探検クルーズ 川の環状線コース」
所 在 地 〒556-0017 大阪府大阪市浪速区湊町1-3-1 湊町船着場
アクセス 地下鉄四つ橋線「なんば駅」、JR大和路線「JR難波駅」26-C出口から徒歩約5分
出発時間 12:00発、14:00発、16:00発(16:00発は土日祝のみ)
19:00発(19:00発は金土のみ)
所要時間 約90分
定 休 日 7/13・24・25、8月第一または第二土曜日、12/29~1/3
そ の 他 要予約
運 営 一本松海運のクルーズ 公式サイト ⇒ クリック

 

 クルーズで、大阪概観したらね。こっちも観ておくと良いよ。
一押しが、ここ「大阪くらしの今昔館」ですよ。

 

 

 

「大阪くらしの今昔館」


大阪市の地域歴史博物館。大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」は、大阪の都市居住に関する歴史と文化をテーマとする日本で最初の開館。住まい専門の博物館。江戸時代後期から戦後にかけての住居に関する資料や模型が展示。

 

大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」・ぷらり歴史路

 

 




関連情報

  • 一本松海運のクルーズ 公式サイト ⇒ クリック
  • 吉本興業株式会社 公式サイト ⇒ クリック1912年(明治45) 吉本吉兵衛、せい夫婦が天満八軒のひとつ「第二文芸館」を入手して、寄席経営の第一歩を踏み出すのが始まり。

    本店・大阪本部:
    TEL>06-6643-1122 FAX>06-6643-1155
    〒542-0075 大阪市中央区難波千日前11番6号

    東京本部:
    TEL>03-3209-8300 FAX>03-3209-8333
    〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目18番21号
    旧新宿区四谷第五小学校

  • 吉本新喜劇 オフィシャルサイト ⇒ クリック
  • なんばグランド花月 劇場 ⇒ クリック
    漫才・落語・吉本新喜劇を年中無休で毎日公演
    TEL>06-6641-0888
    〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11番6号
    ファンレターの宛先: 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-21
    吉本興業東京本社
    よしもとクリエイティブ・エージェンシー
    マネジメントセクション 係

  • 天満天神繁昌亭  ⇒ クリック
    落語専門の定席
    TEL>06-6352-4874 午前11時~午後7時30分
    〒530-0041 大阪市北区天神橋2-1-34

  • 国立文楽劇場 ⇒ クリック1984年に日本で4番目の国立劇場として1984年に開館。
    ユネスコ無形文化遺産・代表一覧表に記載の「人形浄瑠璃・文楽」の公演をはじめ演劇や舞踊が大ホールで行われる。

    TEL>06-6212-2531
    〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
    最寄り駅:[地下鉄] 堺筋線・千日前線 日本橋駅 7番出口より徒歩約1分

  • 大阪くらしの今昔館  ⇒ クリック
    大阪市の地域歴史博物館。大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」は、大阪の都市居住に関する歴史と文化をテーマとする日本で最初の開館。住まい専門の博物館。江戸時代後期から戦後にかけての住居に関する資料や模型が展示。
    •  [大阪]ぷらり街角☆彡 一本松海運のなにわ探検クルーズで大阪概観してみる。
2017年04月30日