[奈良・宇陀] 室生寺(むろうじ)・ご存知 女人高野(にょにんこうや)・国宝 本堂には如意輪観音坐像・木造 五重塔

[奈良・宇陀]
室生寺(むろうじ)・ご存知 女人高野(にょにんこうや)
・国宝 本堂には如意輪観音坐像・木造 五重塔

室生寺(むろうじ)
TEL:0745-93-2003  〒633-0421 奈良県宇陀市室生78
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )
室生寺(むろうじ)・仁王門・ぷらり歴史路

[室生寺(むろうじ)・仁王門]

 

ワンポイント☆彡

  • 毎月21日: 弘法大師御影供法要・弘法大師像御開帳(奥之院)
  • 写 経 : 毎日 08:00~17:00 (正月・4月21日・8月7日・8日・その他行祭事実施日除)
    約1から2時間・2日前までに要予約。
  •  
  • 除夜の鐘:令和元年12月31日(火)・鐘楼堂
  • 新春行事:
    1月1日:暁天法要
    1月6日:初祈祷(護摩法要)
    1月21日:初弘法(御影供)
    1月28日:初不動(護摩法要)
  •  
  • しゃくなげ(石楠花)まつり:4月下旬~5月上旬 ・総数3000本ともいわれるシャクナゲ。
  • [奈良・桜井] 長谷寺(はせでら)
  • ぷらり街角スケッチ☆彡
    [奈良・桜井] 初瀬の長谷寺は花のお寺・紫陽花がきれい・10種3000株 詳細⇒クリック

 

これまでのイベント情報履歴☆彡


  • 国宝五重塔と紅葉ライトアップ: 
    2019/11/9・11/10・11/16・11/17・11/22~11/26・11/29~12/1。
  • 「金堂諸仏 国宝 釈迦如来像・十一面観音像」特別拝観
    平成31年3月9日(土)~5月12日(日) 9時~15時
    場所:金堂
    特別拝観料: 400 円 (特製記念品授与)・入山料別途要。
  • 石楠開花期:
    平成31年4月中旬〜5月上旬
  • 正御影供法要
    令和元年4月21日(日) 10時頃〜
    場所:灌頂堂(本堂)・奥之院
  • 青葉祭
    令和元年6月15日(金) 13時〜
    場所:灌頂堂(本堂)、奥之院

 

 

 

 

 

 ところどころに書いてある「宀一」って、なんだろう?
 見るたびに、なぞなぞみたくてドキってするよね。
とにかく、「女人高野 室生寺」の厳粛な空気感がはんぱじゃないからね。

 

 そうそう、室生寺の山号は「宀一山(べんいちさん)」なんだって。
この山号の「宀一」は、室生の「室」のうかんむりと、室生の「生」の最後の一画と言うことらしいよ。このウ冠の「宀」がなんで「べん」なのか調べたら、「宀」は、漢音で「べん」って言うんだって。

 

 そうなんですね。納得だけど、なんで簡略したのか知りたくなります。

 

 

 室生寺は、奈良時代末期に興福寺の僧・賢璟(けんきょう)によって開かれたけど、賢璟60代なので、実質的な創建は次代の修円(しゅうえん)といわれている。
平安時代は興福寺別院として、中世以降も興福寺の末寺。興福寺系から真言宗寺院へは江戸時代になってからで、「女人高野」と呼ばれるのは江戸時代以降らしいね。

室生寺・鎧坂・金堂(国宝)・ぷらり歴史路

[室生寺・鎧坂・金堂(国宝)]

 

[室生寺・弥勒堂(重文)]

 

室生寺(むろうじ) 概要

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

名 称 室生寺(むろうじ)
別称 女人高野
所在地 〒633-0421 奈良県宇陀市室生78
山号 宀一山(べんいちさん)
宗派 真言宗室生寺派
寺格 -
本尊 如意輪観音菩薩像
創建年 伝・宝亀年間(770年 - 781年)
開基 賢憬(賢璟)・(けんきょう、けんけい)
札所等 仏塔古寺十八尊 第18番
西国薬師四十九霊場 第八番
役行者霊蹟札所
神仏霊場巡拝の道 第36番
文化財 [ 国宝 ] 金堂・五重塔・木造釈迦如来立像ほか
[ 重要文化財 ] 弥勒堂・木造文殊菩薩立像ほか
拝観時間 ・08:30~17:00(4月1日~11月30日)
・09:00~16:00(12月1日~3月31日)
休日 年中無休
電話 TEL:0745-93-2003 FAX:0745-93-2057
入山料金
  大人
(中学生以上)
子ども
(小学生)
個人 600円 400円
団体 500円 300円
障がい者 400円 300円
※障がい者:割引(障がい者1名に付添介助者1名・要障がい者手帳要提示)
※団体:30名以上。
駐車場 有り(有料・普通車100台、大型バス10台)。
アクセス 近鉄室生口大野駅→バス・室生寺前行き→終点下車→徒歩約5分。
その他  

 

晩秋の五重塔・ぷらり歴史路

[晩秋の五重塔]

 

知っ得情報☆彡 

 

  • 開基:奈良時代末期・宝亀年間(770 - 781年)。興福寺の僧・賢璟(けんきょう)。
  • 平安時代:興福寺別院としての性格が強い。室生寺は
  • 平安時代中期:法相・天台・真言の各宗兼学の道場。
  • 中世以降:興福寺末寺。
  • 江戸時代:興福寺から真言宗寺院となる。
    元禄7年(1694年)、護国寺末の真言寺院。護持院隆光の計らい。
    元禄8年(1695年)、徳川綱吉生母の桂昌院、室生寺に2千両寄進。
    元禄11年(1698年)、室生寺は真言宗豊山派の一本寺となって護国寺から独立。
  • 1964年、真言宗豊山派から独立、真言宗室生寺派大本山。
  • 室生寺の創建に関する史料:
    『宀一山年分度者奏状』(べんいちさん ねんぶんどしゃ そうじょう)
    南北朝時代写本・神奈川県立金沢文庫所蔵。
  •  
  • 【Amazon チェック本】

周辺宿泊施設☆彡



ジモティ一押しの逸品

 

 

 

 

参考資料・サイト☆彡

 

  • 室生寺(むろうじ) ⇒クリック
  •  
  • 南法華寺(みなみほっけじ)・壷阪寺(つぼさかでら) ⇒クリック
  • 壷阪寺・高取町役場 ⇒クリック
  •  
  • 国指定文化財等データベース ⇒クリック
  • 文化遺産データベース ⇒クリック
  •  
  • 安倍文殊院(あべもんじゅいん) 公式サイト ⇒ クリック
  •  
  • 長谷寺 公式サイト ⇒ クリック
  •  
  • 大神神社(おおみわじんじゃ) / 桜井市公式サイト ⇒ クリック
  • 三輪明神 大神神社 (おおみわじんじゃ) 公式サイト ⇒ クリック
  •  
  • (国宝)[建造物] 大神神社三ツ鳥居>国指定文化財等データベース/文化庁 ⇒ クリック
  • (国宝)[建造物] 大神神社摂社大直禰子神社社殿>国指定文化財等データベース/文化庁 ⇒ クリック
  • (国宝)[美術品] 周書〈巻第十九/〉>国指定文化財等データベース/文化庁 ⇒ クリック
  • 大神大物主神社>神社資料データベース・古代-神社データ ⇒ クリック
  •  

 

  • 和田萃編『古代を考える 山辺の道 古墳・氏族・寺社』石上神宮禰宜白井伊佐牟、吉川弘文館、1999/2

 

 

2019年11月04日