[奈良・北葛城] 廣瀬大社(ひろせたいしゃ)・広瀬の水神、龍田の風神・砂かけ祭

[奈良・北葛城]
廣瀬大社(ひろせたいしゃ)・広瀬の水神、龍田の風神・砂かけ祭

廣瀬大社(ひろせたいしゃ) TEL:0745-56-2065 〒636-0051 奈良県北葛城郡河合町川合99
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 

 

ワンポイント情報☆彡

 

ワンポイント・履歴

 

 

  • [終了イベント]
    砂かけ祭:2020年2月11日(火) 10:30~
    ・当日シャトルバス運行(乗車時間約15分)・JR大和路線「法隆寺」駅南口↔神社。
     出発時刻:10:50・11:50・12:50。
     詳細⇒クリック

 

  •  

 


 

 

 

 ここが、砂かけ祭で有名な廣瀬大社(ひろせたいしゃ)なんですね。
 この廣瀬大社の縁起はどんなんでしょう?

 

 廣瀬大社に伝わるお話しによると、この社地は、その昔、水足池(みずたるのいけ)という広々と果てしない沼地だったそうです。崇神天皇九年(前89年)、廣瀬の河合の里長・廣瀬臣藤時に御神託があって、突然、この沼地が陸地となり、一夜にして橘(たちばな)数千株が生じたそうです。このお話しが天皇に伝わって、この地に社殿を建てて祀られるようになったそうです。

あと、『日本書紀』、『日本三代実録』や『延喜式』にも記述があるんだって。

 

 そうなんですね。だんだん調べてみなくっちゃ。ですね。

 そうそう、廣瀬大社は水の神さま、龍田大社は風の神さま。この両社を参拝すると「水の神、風の神」にあやかれるかな…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


廣瀬大社(ひろせたいしゃ) 概要

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト)

名 称 廣瀬大社(ひろせたいしゃ)
旧称 廣瀬神社(ひろせじんじゃ)・広瀬神社
別称 -
所在地 〒636-0051 奈良県北葛城郡河合町川合99
社格等 式内社(名神大)・二十二社(中七社)・旧官幣大社・別表神社
主祭神 若宇加能売命(わかうかのめのみこと) ・廣瀬大忌神(ひろせおおいみのかみ)とも。
神体 -
創建年 伝・崇神天皇9年
本殿様式 春日造
札所等 神仏霊場巡拝の道31番(奈良18番)
文化財 [奈良県指定有形文化財] 本殿。
[河合町指定無形民俗文化財] 廣瀬神社の砂かけ祭り(御田植祭)
参拝時間 08:00~18:00
休日 -
電話 TEL:0745-56-2065
拝観料 無料(50台)。
駐車場 有り。
アクセス ・近鉄高田本線「池部」駅下車→ 徒歩約30分。
・JR大和路線「法隆寺」駅下車→ 徒歩約30分・レンタサイクル約10分。
・西名阪道 法隆寺I/C→ 約5分。
その他  

 

 

 

 

 

廣瀬大社(ひろせたいしゃ)の歴史

 

  • 崇神天皇九年(前89年):廣瀬の河合の里長・廣瀬臣藤時に御神託。沼地が陸地となり、一夜にして橘(たちばな)数千株が生じる。
  • 天武天皇四年四月十日(675年):大山中曽根連韓犬を斎主として大忌神を廣瀬の河曲に祀られた。
  • 天武天皇十三年(684年)秋七月:天武天皇、廣瀬神社に行幸。
  • 陽成天皇天慶二年(939年)七月二十六日:大和之国 廣瀬・龍田の両社に倉が建つ。
  •  

 

 

めもめも(知っ得情報)

 

  • 河合町イメージキャラクタ:「すな丸」。
  • 廣瀬大社は水の神様、龍田大社は風の神様。両社参拝で「水の神、風の神」にあやかれる。
  •  
  •  
  • 聖徳太子建立七大寺

  • 法隆寺(斑鳩寺):奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
  • 広隆寺(蜂丘寺):京都府京都市右京区太秦蜂岡町32
  • 法起寺(池後寺、尼寺):奈良県生駒郡斑鳩町岡本1873
  • 四天王寺:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
  • 中宮寺(尼寺):奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1-1-2
  • 橘寺(聖徳太子生誕地):奈良県高市郡明日香村大字橘
  • 葛木寺(尼寺):候補地 和田廃寺(橿原市)、尼寺廃寺(香芝市)、朝妻廃寺(御所市)。

 

  • 南都七大寺(なんとしちだいじ)

  • 奈良時代に平城京(南都・奈良)と周辺にあった朝廷の保護を受けた七つの大寺をいう。
  • 1.興福寺(こうふくじ) 奈良市登大路町  ⇒ クリック
  • 2.東大寺(とうだいじ) 奈良市雑司町   ⇒ クリック
  • 3.西大寺 (さいだいじ) 奈良市西大寺芝町  ⇒ クリック
  • 4.薬師寺(やくしじ)  奈良市西ノ京町  ⇒ クリック
  • 5.元興寺(がんごうじ) 奈良市中院町   ⇒ クリック
  • 6.大安寺(だいあんじ) 奈良市大安寺   ⇒ クリック
  • 7.法隆寺(ほうりゅうじ)生駒郡斑鳩町   ⇒ クリック

 

【参考資料】

 

  • 『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』(成立期;天平19年(747))
     竹内理三編『寧楽遺文 中巻』東京堂, 1962年9月

  •  
  • 『興福寺流記』(成立期:平安時代末期頃)
    『大日本仏教全書128 興福寺叢書第一』潮書房, 1931年4月
  •  
  • 元興寺仏教民俗資料刊行会編『智光曼荼羅』東京電機大学出版局、1969年
  •  
  •  
  • 東野治之『鑑真 』岩波新書, 2009/11
  • 西山明彦,滝田栄(著)『新版 古寺巡礼奈良(8) 唐招提寺』淡交社, 2010/11
  •  

 


参考サイト

 

 

  • [奈良] 南都七大寺・法隆寺(ほうりゅうじ)
2021年01月24日