「浜松城 最新の調査と整備」・浜松城公開発掘・現地説明会・平成30年11/3(土)・11/4(日)


浜松城跡の発掘調査
公開発掘・現地説明・速報展・報告会まとめ☆彡

浜松城 TEL:053-453-3872 〒430-0946 静岡県浜松市中区元城町100-2
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

浜松城跡の発掘調査・天守台南側の天守曲輪付近

[浜松城跡の発掘調査・天守台南側の天守曲輪跡付近(2018/1) ]

 

ワンポイント情報☆彡

  • 「浜松城跡・発掘調査」
    期間:平成30年8月1日(水)~11月上旬(予定)
    ※平日08:30~16:00まで、発掘調査を安全柵越しに見学可。
  • 「浜松城跡・発掘調査・現地説明会」
    開催日時:平成30年11月3日(土)・11月4日(日)荒天時中止 
    ①10:40~、②13:30~(2日間・計4回)開催予定。
  •  
  • 平成30年10月初旬:天守曲輪南東部から大量の瓦が出土されている。
  • 浜松市文化財課は、平成30年1月9日(火)から3月2日(金)まで浜松城跡・天守曲輪と富士見櫓の周辺を発掘を実施。天守曲輪の発掘調査は今回が初、石塁の構造や曲輪の高さなどが明らかになった。

 

 







  • 浜松城・最新の調査と整備☆彡浜松城公開発掘・現地説明会・平成30年11/3(土)・11/4(日)・まとめ情報 詳細⇒クリック




平成30年11/3(土)・11/4(日)
浜松城公開発掘・現地説明会 ・開催

「浜松城跡・発掘調査・現地説明会」が、浜松城の発掘現場にて開催される。

  • 「浜松城公開発掘・現地説明会」
  • 開催日 : 平成30年11月3日(土)・11月4日(日)荒天時中止 
    開催時間: ①10:40~、②13:30~(2日間・計4回)
    集合場所:浜松城本丸広場・「若き日の家康公像」前
    内 容: 平成30年8月1日(水)からの発掘調査の説明。
    申 込: 不要(直接会場へ)
    費 用: 無料
    駐車場: 有り(無料・浜松城公園駐車場)
    問合先: TEL:053-457-2466 浜松市文化財課 
  • 浜松城・発掘調査・天守曲輪南東側付近 (2018/10)・ぷらり歴史路[天守曲輪南東側付近 (2018/10)]
  • 浜松城・発掘調査・天守曲輪南東側隅付近 (2018/10)・ぷらり歴史路[天守曲輪南東側隅付近 (2018/10)]
  •  
  • 浜松城跡・発掘調査
  • 期間:平成30年8月1日(水)~11月上旬(予定)
    内 容: 今回の調査では、天守曲輪南東側4箇所、南西側3箇所の調査溝を予定。発掘調査は安全柵越しに見学可。
    申 込: 不要(直接会場へ)
    駐車場: 有り(無料・浜松城公園駐車場)
    問合先: TEL:053-457-2466 浜松市文化財課
  •  
  • 浜松市地域遺産センタ ⇒クリック


 浜松城跡の発掘調査 まとめ☆彡
平成30年1/9~3/2迄・天守曲輪と富士見櫓の周辺を発掘。

浜松市文化財課は、平成30年1月9日(火)から、浜松城跡の発掘調査を行った。
この発掘調査は3月2日で終了した。 天守曲輪の発掘調査は今回が初、石塁の構造や曲輪の高さなどが明らかになった。

 

どんな発掘調査なの?

 

 浜松市博物館所蔵の江戸時代の「遠州浜松城絵図」に記録されている天守曲輪(くるわ)が実際にどのようになっていたかの発掘調査なんだって。
この絵図から読み取れるのが、天守曲輪は土塁の内側に石垣があり、その上に土塀があったということなので、その痕跡を発掘調査で確認するんだよ。
 今回は、天守台南側の天守曲輪(くるわ)の土塁の基礎構造を知るために6カ所を発掘調査するんだって。

 

「遠州浜松城絵図」は、浜松市文化遺産デジタルアーカイブ(浜松市立中央図書館)でみることができるよ。 ⇒ クリック


今回は、公開発掘が予定されているよ。実際に土を掘ったり削ったりして遺物をさがす作業を見学でき、調査状況などの解説もしてくれるので必見ですね。

さらに、2月10日(土)には調査成果や出土品を解説する現地説明会も予定されている。

 

平成29年に開催された駿府城の天守台跡の発掘体験は、作業体験や瓦の拓本もできたから、浜松城跡の発掘調査もわくわくするね。

 

おおよそ絵図にあったように天守台南側の天守曲輪の土塁の内側の石塁が発見された。実際には絵図と異なる点もあることもわかったんだよね。今後この石塁がどのような目的、その時代などがわかってくるね。現在では、1590年に浜松城主となった堀尾吉晴の時代に築かれた可能性があると考えられているそうだよ。

 

それと、今回の発掘調査で、この石塁の上に何層かの土が盛られているのがわかったんだよ。この埋めた時代とその理由は、いったいなんなんだろうか?考えただけでもわくわくしてしまいますね。


浜松城跡の発掘調査現場・天守台南側の天守曲輪跡付近

[浜松城跡の発掘調査現場・天守台南側の天守曲輪跡付近(H30/1/20) ]

 

浜松城跡の発掘調査現場・天守台南側の天守曲輪跡付近

[ みえた土塁の石垣(H30/2/7)]

 


 浜松城跡

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

  • 行き方 : JR「浜松駅」北口→バスターミナル遠州鉄道バス1番・13番のりば発すべてのバスより乗車→「市役所南」下車→徒歩約7分。
  • 駐車場 : 有り(無料・浜松城公園駐車場)
  • 問合先 : TEL:053 542 3660 浜松市地域遺産センタ

これまでの浜松城発掘調査☆彡

履歴


「浜松城と堀尾吉晴との関係の紹介」
 &「浜松城公開発掘説明会」開催

平成30年10月28日(日)10:00~に「浜松城公開発掘説明会」が浜松城の発掘現場にて開催。先着300名にリーフレット「戦国交渉人 堀尾吉晴の一生」が配布。

  • 「浜松城公開発掘説明会」&「浜松城と堀尾吉晴との関係の紹介」
  • 開催日時:平成30年10月28日(日)荒天時中止 ①10:00~(所要1時間30分程度)
    集合場所:浜松城天守台前 発掘現場
    内 容: 浜松城と堀尾吉晴との関係の紹介。
         リーフレット「戦国交渉人 堀尾吉晴の一生」配布(先着300名)
    申 込: 不要(直接会場へ)
    費 用: 無料
    駐車場: 有り(無料・浜松城公園駐車場)
    問合先: TEL:053-457-2466 浜松市文化財課 
  • 浜松城跡の発掘調査「現地説明会」
  •  
  • 浜松城跡・発掘調査
  • 期間:平成30年8月1日(水)~11月上旬(予定)
    内 容: 今回の調査では、天守曲輪南東側4箇所、南西側3箇所の調査溝を予定。発掘調査は安全柵越しに見学可。
    申 込: 不要(直接会場へ)
    駐車場: 有り(無料・浜松城公園駐車場)
    問合先: TEL:053-457-2466 浜松市文化財課
  •  
  • 浜松市地域遺産センタ ⇒クリック

 





へりさんぽ14「浜松城 最新の調査と整備」

平成30年6月3日(日)に好評の「へりさんぽ」、第14回「浜松城 最新の調査と整備」が開催された。

  • へりさんぽ14「浜松城 最新の調査と整備」
  • 開催日時:平成30年6月3日(日)荒天時中止 ①10:00~11:30 ②13:30~15:00
    集合場所:浜松城本丸「若き日の徳川家康公」像前
    内 容: 浜松城における最新の調査成果と整備状況
    講 師: 浜松市文化財課職員
    申 込: 不要(直接会場へ)
    費 用: 無料
    駐車場: 同日「家康公祭り」開催のため利用不可
    問合先: TEL:053-457-2466 浜松市文化財課 
  • 浜松城跡の発掘調査「現地説明会」
  •  
  • 浜松市地域遺産センタ ⇒クリック

浜松市地域遺産センタの「速報展」と「報告会」が開催された。

浜松市地域遺産センタでは、平成30年1月9日(火)から実施していた浜松城跡の発掘調査のまとめとして発掘成果「速報展」と「報告会」を開催。 「遠州浜松城絵図」に記録されている天守曲輪(くるわ)で実施した発掘調査では、石塁の確認とその付近から約600キロ分もの大量の瓦を見つかったという。この瓦の意味するものは…。と言うことで、浜松市地域遺産センタの「速報展」と「報告会」が開催された。

  • 浜松城跡・発掘成果「速報展」
    開催日: 平成30年4月13日(金)~5月6日(日)
    会場 : 浜松市地域遺産センタ
  • 浜松城跡・発掘成果報告会
    開催日: 平成30年4月30日(月) 10:00~ 
    会場 : 引佐協働センタ
    申込 : 申込不要・先着順

参考サイト
浜松城跡23次発掘調査現地説明会資料 ⇒クリック


浜松城跡の発掘調査「現地説明会」開催スケジュール

  • 開催日 : 平成30年2月10日(土) 
  • 時 間 : ① 09:00~   ② 13:30~
  • 会 場 : 浜松城天守台南側・発掘調査現場
  • 内 容 : 発掘調査現場の解説・浜松城跡の出土品の見学。
浜松城跡の発掘調査「現地説明会」

浜松城跡の発掘調査「公開発掘」開催

  • 開催日 : 1/20(土)・1/27(土)・2/3(土)・2/4(日) 雨天中止
  • 時 間 : 09:00~16:00(お昼休憩 12:00~13:00)
  • 場 所 : 浜松城天守台南側・発掘調査現場
  • 内 容 : 調査状況の解説

 

浜松城跡の発掘調査現場・天守台南側の天守曲輪跡付近

 

 

 


参考資料・サイト

  • 「遠州浜松城絵図」・浜松市文化遺産デジタルアーカイブ(浜松市立中央図書館)⇒ クリック
  • 浜松市文化遺産デジタルアーカイブ(浜松市立中央図書館) ⇒ クリック
  • 遺跡の発掘状況>はままつの文化財 >浜松市地域遺産センタ ⇒ クリック
  • 浜松市地域遺産センター 公式サイト ⇒ クリック
     TEL 053-542-3660  〒431-2212 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷616-5
  • はままつの文化財・浜松市 ⇒クリック
    浜松市役所市民部文化財課 TEL:053-457-2466 〒430-8652 浜松市中区元城町103-2
  • 浜松城・浜松市役所 ⇒ クリック
  • 浜松城・遠鉄アシスト ⇒ クリック
  • 駿府城跡天守台発掘調査「発掘情報館 きゃっしる」別館 ⇒ クリック
  •  
  • 龍潭寺 公式ページ ⇒ クリック
     井伊家の歴史、年表も掲載されている。
     053-542-0480 431-2212 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
  • 井伊美術館 公式ページ ⇒ クリック
     日本唯一の甲冑武具・史料考証専門の美術館として有名。
  •  
  • 浜松市みをつくし文化センター 公式ページ ⇒ クリック
  • 浜松市引佐多目的研修センタ  ⇒ クリック
     TEL:053 542 0250 〒431-2212 浜松市北区引佐町井伊谷248-186
  • 井伊美術館(京都市東山区花見小路四条下ル) 公式サイト ⇒ クリック
  • にっぽん温故知新『ひととき』 公式サイト ⇒クリック



2018年10月10日