光明山古墳・初の発掘調査・現地説明会・まとめ情報☆彡


光明山古墳・初の発掘調査・現地説明会 開催・まとめ情報☆彡

光明山古墳 〒431-3303 浜松市天竜区山東2873
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

光明山古墳(光明寺門前ゟ写・2018/4)

[光明山古墳(光明寺参道入口から写・2018/4) ]

 

ワンポイント情報☆彡

 

 

 



  • 光明山古墳・初の発掘調査・現地説明会・まとめ情報☆彡☆彡 2段に造られ、中段と最上段での埴輪片の出土。5世紀中頃の前方後円墳、この時期では県内最大規模。





光明山古墳・初の発掘調査・現地説明会まとめ☆彡

  • 光明山古墳・発掘調査現地説明会
    開催日: 平成30年 4月29日(日)
    時間 : ① 10:00~ ② 13:30~
    会場 : 光明山古墳・発掘現場
    申込 : 申込不要・直接会場へ
    その他: 荒天中止
  •  
  • 光明山古墳は、全長約82mの前方後円墳。5世紀中頃に造られたと推定。
  • 浜松市内唯一の前方後円墳。

 

浜松市文化財課は、平成30年3月12日(月)から、光明山古墳の発掘調査をはじめたよ。

 

どんな発掘調査なの?

 

光明山古墳は、全長約82mの前方後円墳で、5世紀中頃に造られたと推定さてれいるんだ。この時代では静岡県の中でも最大級の古墳なんだけど、外寸はわかっていたけどそれ以上の情報は少くないので、今回、初めての発掘調査。
築造された当時の後円部の大きさ、残存状態などの情報を得るために発掘調査実施。

 

今回は、後円部の斜面、トレンチを3箇所なんだ。なにが出るかわくわくですね。

 

以下、後円部の斜面のトレンチを3箇所の様子。

 

(1)後円部の主軸方向トレンチ

ここでは上段の葺き石が良好な状態で残っていた。

光明山古墳・後円部の主軸方向トレンチ(H30/4/20)

[光明山古墳・後円部の主軸方向トレンチ(H30/4/20)]

 

(2)東側トレンチ

ここでは、中段テラスの確認。円筒埴輪片が出土。

光明山古墳・東側トレンチ(H30/4/20)

[光明山古墳・東側トレンチ(H30/4/20)]

 

(3)西側トレンチ

[光明山古墳・西側トレンチ(H30/4/20)]

 

この現地案内ボード、わかりやすいね。

これによると、ここまでの現調査段階でわかったこと、大きく3つあるんだね。

・ 二段築成である
 ・ 墳丘斜面に葺き石が施されている
 ・ テラスや墳頂部には埴輪が並べられていた

 

光明山古墳・発掘調査・わかりやすい現地案内ボード

[わかりやすい現地案内ボード]


と、2段に造られたことが分かり、中段と最上段での埴輪片の出土、北側トレンチでの基底部から最上段にかけて葺き石の様子や、その葺き石斜面の中腹に幅 2mの回廊も確認されたということからも、かなり強固な古墳だと考えられるということなんだよ。

ますます、どなたのか好奇心がわくわくです。だって、この時代の最大級、それも前方後円墳だし、またこの天竜という場所と浜松、そして磐田地域を再考するに大きなキーワードだよね。

 


 光明山古墳 基本情報

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

  • 名 称 : 光明山古墳(こうみょうさんこふん)
  • 別 称: -
  • 所 属: 遠淡海古墳群
  • 所在地: 浜松市天竜区山東
  • 所有者: 光明寺
  • 形 状: 前方後円墳
  • 規模: 墳丘長約83.4m、後円部45.6m、後円部高さ7.5m、前方部幅53.0m、前方部高さ8.0m。
  • 埋葬施設:  -
  • 築造時期: 5世紀後半
  • 被葬者: -
  • 陵 墓: -
  • 史 跡:  静岡県指定文化財 指定昭和30年2月25日
  • 出土品: 埴輪
  • 駐車場: 有り(無料)
  • 行き方: ・JR浜松駅北口→約5分→遠州鉄道西鹿島線「新浜松駅」乗車→終点「西鹿島」駅下車→遠鉄バス「二俣山東」行乗車→「光明山口」下車→徒歩約5分。
    ・天竜浜名湖鉄道「二俣本町」駅下車→徒歩約25分。
    ・新東名浜松浜北I/C→国道152号経由→約10分。
  • 問合先: TEL 053 542 3660 浜松市地域遺産センタ
  • 問合先: TEL 053 925 3547 光明山光明寺 〒431-3303 浜松市天竜区山東2873

これまでの光明山古墳・発掘調査☆彡

履歴


光明山古墳・発掘調査 現地説明会

開催日: 平成30年 4月29日(日)

時間 : ① 10:00~ ② 13:30~

会場 : 光明山古墳・発掘現場

申込 : 申込不要・直接会場へ

その他: 荒天中止

光明山古墳・発掘調査 現地説明会・2018/4/29

 

 

 

 


参考資料・サイト

  • 光明山古墳>遺跡の発掘状況>はままつの文化財 ⇒ クリック
  • 光明山古墳:静岡県『静岡県史』通史編1 原始・古代、平成6年3月、p. 219,245,404
  • 浜松市役所『浜松市史 1』昭和43年3月
  • 光明山光明寺 ⇒ クリック
  •  
  • 「遠州浜松城絵図」・浜松市文化遺産デジタルアーカイブ(浜松市立中央図書館)⇒ クリック
  • 浜松市文化遺産デジタルアーカイブ(浜松市立中央図書館) ⇒ クリック
  • 遺跡の発掘状況>はままつの文化財 >浜松市地域遺産センタ ⇒ クリック
  • 浜松市地域遺産センター 公式サイト ⇒ クリック
     TEL 053-542-3660  〒431-2212 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷616-5
  • はままつの文化財・浜松市 ⇒クリック
    浜松市役所市民部文化財課 TEL:053-457-2466 〒430-8652 浜松市中区元城町103-2
  • 浜松城・浜松市役所 ⇒ クリック
  • 浜松城・遠鉄アシスト ⇒ クリック
  • 駿府城跡天守台発掘調査「発掘情報館 きゃっしる」別館 ⇒ クリック
  •  
  • 龍潭寺 公式ページ ⇒ クリック
     井伊家の歴史、年表も掲載されている。
     053-542-0480 431-2212 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
  • 井伊美術館 公式ページ ⇒ クリック
     日本唯一の甲冑武具・史料考証専門の美術館として有名。
  •  
  • 浜松市みをつくし文化センター 公式ページ ⇒ クリック
  • 浜松市引佐多目的研修センタ  ⇒ クリック
     TEL:053 542 0250 〒431-2212 浜松市北区引佐町井伊谷248-186
  • 井伊美術館(京都市東山区花見小路四条下ル) 公式サイト ⇒ クリック
  • にっぽん温故知新『ひととき』 公式サイト ⇒クリック

  • 光明山古墳・初の発掘調査・現地説明会・まとめ情報☆彡☆彡 2段に造られ、中段と最上段での埴輪片の出土。5世紀中頃の前方後円墳、この時期では県内最大規模。


2018年04月17日