[奈良・明日香] 飛鳥寺(あすかでら)・日本最古の仏教寺院と飛鳥大仏

[奈良・明日香]
飛鳥寺(あすかでら)・日本最古の仏教寺院と飛鳥大仏


飛鳥寺(あすかでら)
TEL:0744-54-2126 〒634-0103 奈良県高市郡明日香村大字飛鳥682
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )
飛鳥寺(あすかでら)

[飛鳥寺(あすかでら)]




 

ワンポイント☆彡

  •  
  •  


 飛鳥寺(あすかでら)って、「飛鳥大仏」さまの所でしょ?
 ここのお寺の呼び名って、法興寺(ほうこうじ)、元興寺(がんごうじ)、本元興寺とか安吾院(あんごいん)っていっぱいあるんだけど、どう違うのかしら?


 ほんと、混乱するよね。
 古代の寺院には、寺号と法号での2つの呼び方があるんだって。

 崇峻1年(588年)年、蘇我馬子が発願し、
推古4年(596年)に飛鳥に創建されたお寺の寺号が「飛鳥寺」で、
法号は平城京遷都以前には「法興寺」と称せられていた。
そして、平城京へ移った新しいお寺の呼び名、法号は「元興寺」で、
元の飛鳥にあったお寺を「本元興寺」と呼ぶようになったのです。

また、安居院(あんごいん)は、江戸時代に旧金堂跡に建てられた現在も続く寺院の名称なんだ。
そうそう、「飛鳥大仏」さまがお祀りなされているいるとこですね。


 歴史があるから、時代にそって整理してみないと混乱しますね。

 




飛鳥寺(あすかでら) 概要

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

名 称 飛鳥寺(あすかでら)
別称 法興寺・元興寺・本元興寺
所在地 〒634-0103 奈良県高市郡明日香村大字飛鳥682
山号 鳥形山(とりがたやま)
宗旨 真言宗豊山派
寺格 -
本尊 釈迦如来(飛鳥大仏)
創建年 6世紀末頃
開基 蘇我馬子
札所等 新西国三十三箇所観音霊場第9番
聖徳太子霊跡11番
文化財 [ 国指定・史跡 ] 飛鳥寺跡。
[ 重要文化財 ] 銅造釈迦如来坐像(本堂安置)1躯。
拝観時間 ・ 4月 ~9月: 09:00~17:30
・10月~3月: 09:00~17:00
休日 4月7日~4月9日
電話 TEL:0744-54-2126 FAX:0744-54-3743
拝観料
  大人/大学生 高/中校生 小学生
個人 350円 250円 200円
※団体は、30名以上。
駐車場 有り(有料)。
アクセス 近鉄「橿原神宮前」駅下車・「岡寺前」行バス乗車…約10分…「飛鳥大仏」バス停下車。
その他  

 


知っ得情報☆彡 

 

  •  
  • 飛鳥大仏・ぷらり歴史路「飛鳥大仏」

周辺宿泊施設☆彡

 

 

参考資料・サイト☆彡

 

 

 

 

  • [奈良・明日香] 飛鳥寺(あすかでら)・日本最古の仏教寺院と飛鳥大仏
2017年11月24日