[開催履歴・奈良・橿原] 研究成果報告『古墳時代甲冑研究の新展開』・観覧無料・橿原考古学研究所附属博物館

[開催履歴] 
[奈良・橿原] 研究成果報告『古墳時代甲冑研究の新展開』・観覧無料・開催まとめ
橿原考古学研究所附属博物館

橿原考古学研究所附属博物館 0744 24 1185 634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 



  • 奈良県立橿原考古学研究所付属博物館は、施設改修工事のため、2018年12月24日(月)から休館。
    (休館期間は1年半から2年)

 

 

 



12/8(土)~12/23(日・祝)
科学研究費による研究成果報告『古墳時代甲冑研究の新展開』開催


古墳時代の甲冑について、平成30年3月までの研究の成果、その後の取り組みである甲冑三次元データの平面展開による比較方法の開発成果の紹介展示。

複雑な立体構造をもつ甲冑は、古墳時代の手工業製品のなかでも高度な製作技術が必要とされ、その製作には立体的なモデルと平面的な設計図の存在が想定されてきた。

今回の展示では、その後あらたに識別した「型紙」を含む研究成果を紹介展示。この研究を共同で行っている奈良先端科学技術大学院大学 高松 淳准教授らによって開発された甲冑三次元データを平面展開し、比較する方法も紹介している。

【これまでの研究】
・平成23~25年度の研究では、胴甲(どうよろい)である短甲(たんこう)について、精密な三次元計測データの比較から、異なる個体間の同じ部品に形状・法量が一致する事例を見出し、甲冑製作における平面的な設計図、「型紙」が存在した可能性が高いことがあきらかになる。
・ 平成26~29年度の研究では、短甲の部品のなかで個性があらわれやすい後胴押付板(うしろどう おしつけいた)について2種類の「型紙」の存在を識別。

【展示内容】
・横矧板鋲留短甲2領(後出3号墳第1主体出土、後出2号墳出土 短甲3)
・解説ポスター ・短甲形状比較 三次元コンピュータグラフィクス
・短甲押付板3Dデータのゴム素材による出力品

・公式サイトでは、解説リーフレットとして『研究成果展示「古墳時代甲冑研究の新展開」』(PDF版)が閲覧できる。


【参考文献】
・平成 26 年度~ 29 年度 科学研究費基盤研究(B)「古墳時代中期における甲冑生産組織の研究−「型
紙」と製作工程の分析を中心として−」(JSPS 科研費 JP26284128,研究代表者:吉村和昭)
・吉村和昭(編)2018『古墳時代中期における甲冑生産組織の研究-「型紙」と製作工程の分析を中心として-』(平成 26 年度~ 29 年度 科学研究費助成事業基盤研究(B)『古墳時代中期における甲冑生産組織の研究-「型紙」と製作工程の分析を中心として-』(課題番号:26284128)研究成果報告書)・世良京太・Garcia Ricardez・高松淳・小笠原司・吉村和昭・小林謙一・奥山誠義 2018「古墳時代の甲冑の平面展開による比較」(学会発表)人文科学とコンピューター研究会

 

  • 会  期 : 平成30年12月8日(土)~12月23日(日・祝)
  • 会  場 : 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 特講座室(フリーゾーン)
  • 開館時間 : 09:00~17:00 (入館は 16:30まで)
  • 休 館 日:  月曜日
  • 観覧料:  無料
  • 駐 車 場: 40台(無料)
  • アクセス: 近鉄畝傍御陵前駅下車 → 徒歩→約5分
  • その他    
  • 研究講座

  • 列品解説

  • 土曜講座
    開催日:
  • ワークショップ

     


知っ得情報☆彡

  • 常設展示「大和の考古学」:
    橿原考古学研究所が1938年以来実施した発掘調査での出土実物資料を中心に、旧石器時代から平安・室町時代までの6つの時代を目で見られる展示となっている。
  • 橿原考古学研究所は、昭和13(1938)年に行われた橿原遺跡の発掘調査を契機に創立された。

 

これまでの展示


履歴☆彡


橿原考古学研究所創立80周年記念
秋季特別展「古代の輝き~日本考古学と橿考研80年の軌跡Ⅱ~」

平成30年10月 6日(土)~ 11月25日(日)
 詳細まとめ⇒クリック



橿原考古学研究所創立80周年記念
秋季特別展「古代の輝き~日本考古学と橿考研80年の軌跡Ⅰ~」
平成30年10月 6日(土)~ 11月25日(日)




「大和を掘る36 ~2017年度発掘調査速報展~」

開催日:平成30年7月14日(土)~ 9月2日(日)

内 容:奈良県内の平成29年度の発掘調査成果から32遺跡を出土遺物や写真パネルで紹介展示。また、古墳時代の導水施設のミニ企画展示もある。

詳細 ⇒ クリック



橿原考古学研究所創立80周年記念春季特別展
「古代の輝き~日本考古学と橿考研80年の軌跡Ⅰ~」

平成30年で80周年を迎える附属博物館では、昭和初期から現在までの調査研究のなかから、考古学・古代史研究の新たな次元を提示した資料を選んでの「日本考古学と橿考研80年の軌跡Ⅰ」を開催。 春季展では、旧石器時代から古墳時代中期までの資料の展示。秋季展は、古墳時代後期、飛鳥・奈良時代を中心とした資料の展示。

  • 会  期 : 平成30年4月21日(土)~ 6月17日(日)
  • 会  場 : 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 特別展示室
  • 研究講座

    会場:  講堂
    受講料: 申込不要、参加無料
  • 第1回 5/ 6(日) 
    13:00~16:30(12:00開場)
    1.「研究所80年の歴史と100年に向けて」
    講師: 菅谷文則氏(奈良県立橿原考古学研究所所長)
    2.「考古学 疾風怒濤の時代」
    講師:岡本健一氏(毎日新聞客員編集委員)
  • 第2回 5/ 20(日) 
    13:00~16:30(12:00開場)
    1.「研究所80年の歴史と100年に向けて」
    講師: 菅谷文則氏(奈良県立橿原考古学研究所所長)
    2.「考古学 疾風怒濤の時代」
    講師:岡本健一氏(毎日新聞客員編集委員)
  • 第3回 6/10(日) 
    13:00~16:30(12:00開場)
    1.「桜井市外山茶臼山古墳・メスリ山古墳が語るもの ~橿考研 盛年期の発掘調査から~」
    講師: 白石太一郎氏(大阪府立近つ飛鳥博物館館長)
    2.「桜井市纏向遺跡と箸中山古墳(箸墓)」
    講師:石野博信氏(元奈良県立橿原考古学研究所副所長)
  • 列品解説

    会場: 特別展示室ほか。
    日時: 5月5日(土)・5月19日(土)・6月9日(土)・6月16日(土)
        各日とも、①10:30~11:00 ②15:00~15:30
        ※申込不要・参加費無料ですが入館料が必要。


特別陳列「万葉集の考古学 」

会期: 平成30/2/3(土)~3/21(水・祝)

 

特別陳列「博物館の歩み 」

会期: 平成30/2/3(土)~3/21(水・祝)



特別陳列「十二支の考古学 - 総集編 - 」開催まとめ

  • 会期: 平成29年12月16日(土)~平成30年1月14日(日)
  • 内容: 毎年恒例の特別陳列『十二支の考古学』は、平成28年度で十二支がひとめぐりしたので、今回は総集編としてこれまでの展覧会を振り返り、十二支全体を対象とした展覧会となっている。

  • 特別陳列「十二支の考古学 - 総集編 - 」
  • 特別陳列「十二支の考古学 - 総集編 - 」
  • 公開講演会

    開催日時: 平成30年1月14日(日) 13:00~15:30(12:00 開場)
    会場 : 奈良県立橿原考古学研究所 講堂
    講演 :  
    「『十二支の考古学』の軌跡(仮題)」 重見泰(当博物館主任学芸員)
    「犬の考古学(仮題)」 宮崎泰史氏(大阪府立狭山池博物館)
    申込 : 不要
    参加費: 無料

  • ワークショップ

    工作教室「吉野杉の絵馬づり」
    講師: 成瀬匡章(森と水の源流館)
    協力: 森と水の源流館

     


秋季特別展「黒塚古墳のすべて」

  • 会  期: 平成29年10月 7日(土)~11月26日(日)
  • 会  場 : 特別展示室
  • 橿考研友史会・第8回名古屋講演会「黒塚古墳のすべて」
    10/21(土) 於;名古屋大学経済学部カンファレンスホール

 

大和を掘る35「2016年度発掘調査速報展」

  • 会期: 平成29年7月15日(土)~9月 3日(日)

  • 会  場 : 特別展示室


 

 

 

 

2018年12月01日