About us

はじめに


 井藤ミュージアム研究所は、学生時代の課題を、更に継続調査・研究し、その成果を発表のプラットフォームとしてスタートしました。

 同時に専門知識やモノの蒐集と研究、市民との接点である博物館の動向やそのあり方の研究をすすめています。それは、生涯学習の実践の場と位置づけての活動であります。
 
 日本は、環濠集落などからわかるように地域のコミュニティにより育まれてきました。このように地域に育まれた風習、思想、芸術、信仰などは、小さなコミュニティで現在も脈々と受け継がれています。

 また、地域で守ってきた社寺仏閣、遺跡、遺物など未来へつなげていけるよう、フィールドワークにより日本で培われてきた文化、伝統等の淵源をたどり、そして現在・未来への新たなる道しるべ・杖となることをモットーにしています。



文明の足跡を遺すために


文化遺産を後世に引き継ぐ使命は現代の私たちの使命ではないでしょうか。
年月の経過や、災害、開発、環境悪化などを経て当たり前にある多くの文化遺産。
しかし、戦争はこうしたかけがえのない歴史の足跡を、瞬く間に無残にも破壊してしまうのです。

2017年7月現在、世界遺産リストでの登録数は1,073件です。
その内訳は文化遺産832件、自然遺産206件、複合遺産35件となっています。
また、危機遺産リストの登録数は、55件(2016年12月現在)です。
このリストには、戦争による略奪や破壊による危機的状態に陥っているモノが多くあります。

ユネスコ憲章(前文)には、

『戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。』

とあります。
文化財を人類共通の財産として保護し、後世に引き継ぐためには、戦争を私たちの私利私欲により引き起こさないことが大事ではないでしょうか。
国境や民族を超え、後世に引き継ぐ私たちの使命を考えなければならないのでしょう。

参考
危機遺産リスト:http://www.unesco.or.jp/isan/crisis/list/
世界遺産リスト:http://heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/news.html





 

 

  • 井藤ミュージアム研究所
  • 432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-7-18-214 チサンビル2階
  • TEL 053 478 0235 FAX 053 478 0258