[長野県]昼神温泉

昼神温泉観光局
0265 43 3001 〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里20-2
 ( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 



昼神について

昼神温泉は、1973(昭和48)年に発見された新しい温泉地です。中央自動車道「園原」ICから約10分と、中京圏からのアクセスが便利、名古屋と新宿から高速バスが連絡していることもあり、急速に発展している。

阿智川の清流をはさむように温泉宿やホテルがある。豊かな自然環境はもとより、昼神温泉の周辺には旧跡があり、神話や伝説も残っている。万葉の時代から歌に詠われ、源氏物語にもその名をとどめる古代東山道の神坂峠や園原の里も合わせ人気の後押しをしている。また、阿智村にある富士見台高原、標高1,400mからの星空の鑑賞も話題となっている。

1973(昭和48)年、 国鉄中津川線のトンネル掘削ボーリング中に昼神湯ノ瀬地区で温泉が湧出した。
1973(昭和48)年、 掘削深度40.2mにて、泉温32.5℃、200ℓ/分の温泉が湧出した。
1975(昭和50)年、温泉開発のために阿智開発公社設立、
1976(昭和51)年、村営保養センター「鶴巻荘」を設置。
1988(昭和63)年、 昼神温泉観光センターを設置。

現在は、その所在が不明だが、江戸時代中期に温泉が湧出したという記録があるようである。また阿智神社前宮の近くにある「湯屋権現社」(〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里)に伝わる湯の瀬の鹿のお話し興味深いところである。

  昼神温泉 温泉情報
所在地 長野県下伊那郡阿智村
泉質 アルカリ性単純硫黄泉
泉温(摂氏) 32.5℃ ~ 44.0℃
湧出量 80 ~ 450 ℓ/min
液性の分類 アルカリ性

  • 昼神温泉観光局 TEL 0265 43 3001 FAX 0265 43 3411
    〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里20-2 ⇒公式サイト
  •  
  • 阿智村役場 TEL 0265 43 2220(代表)
    〒395-0303 長野県下伊那郡阿智村駒場483 ⇒公式サイト
  •  
  •  
  • 南信州ナビ>飯田観光協会と南信州広域連合運営の長野県南部観光ポータルサイト
    飯田観光協会(飯田市役所観光課)TEL 0265 22 4851
    長野県飯田市本町1-2 本町プラザ まちなかインフォメーションセンター
    南信州広域連合  長野県飯田市追手町2-678 県飯田合同庁舎5階  ⇒リンク

 

周辺宿泊施設☆彡

 


  • はてなブックマークに追加
2017年05月18日