三古湯・三函(さはこ)の御湯

 

三古湯・三函(さはこ)の御湯


『延喜式神名帳』記載に依ると、
道後温泉、有馬温泉、磐城湯本温泉の三湯が「三古湯・三函(さはこ)の御湯」となる。

  • 道後温泉(愛媛県松山市)
  • 有馬温泉(兵庫県神戸市北区有馬町)
  • 磐城湯本温泉(福島県いわき市)


『延喜式神名帳』には、この他に鳴子温泉(宮城県)、湯田川温泉(山形県)、黒羽温泉(栃木県)、那須湯本温泉(栃木県)、岩井温泉(鳥取県)、玉造温泉(島根県)、別府温泉(大分県)がある。


また、日本書紀や風土記からみると、
道後温泉(愛媛県)、有馬温泉(兵庫県)、白浜温泉(和歌山県)の三湯が三古湯と呼ばれる。



延喜式神名帳による日本八古湯

延喜式神名帳による日本八古湯

  • 道後温泉(愛媛県松山市)
  • 有馬温泉(兵庫県神戸市北区有馬町)
  • 磐城湯本温泉(福島県いわき市)
  • 川渡温泉(宮城県大崎市)
  • 鳴子温泉(宮城県大崎市)
  • 湯元温泉(栃木県日光市)
  • 岩井温泉(鳥取県岩美郡岩美町)
  • 玉造温泉(島根県松江市玉湯町)

 

 

延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)


延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)とは、
延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』 第9巻・第10巻「神名帳上下」のことで、当時の官社に指定されていた全国の神社の一覧である。

 

延喜式神名帳>国文学研究資料館データベース ⇒ クリック

国文学研究資料館>電子資料館 ⇒ クリック

 


  • はてなブックマークに追加
2017年05月11日