[静岡] ~9/24(月・祝)「ヴラマンク展~絵画と言葉で紡ぐ人生~」開催情報☆彡 静岡市美術館

静岡市美術館 / Shizuoka City Museum of Art 
054 273 1515 〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 

展示情報☆彡

展示館 展示名 ・ 期間
  「ヴラマンク展~絵画と言葉で紡ぐ人生~」
平成30/7/28(土)~9/24(月・祝)まで。

 

予告・展示情報☆彡

展示館 展示名 ・ 期間
  「フランス宮廷の磁器・セーヴル、創造の300年」
平成30/10/6(土)~12/16(日)まで。
  「起点としての80年代」
平成31/ 1/ 5(土)~3/24(日)まで。

 

 

 

  • 平成30/7/28(土)~9/24(月・祝)「ヴラマンク展~絵画と言葉で紡ぐ人生~」開催情報☆彡 静岡市美術館

 


平成30/7/28(土)~9/24(月・祝)
「ヴラマンク展~絵画と言葉で紡ぐ人生~」開催 とめ情報

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 

  •  
  • 「ヴラマンク展~絵画と言葉で紡ぐ人生~」

  • 会 期: 平成30年 7月28日(土)~9月24日(月・祝)まで
  • 会 場: 静岡市美術館 
  • 所 在 地: 〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
  • 開館時間 : 10:00~19:00 (展示室入場は閉館30分前迄)
  • 休 館 日:  毎週月曜日
  • 内 容: フォービスムから離れたヴラマンクは、独自の画風を模索しはじめた。この1907年頃の作品から最晩年までの作品76点を画家ヴラマンクの言葉とともに紹介して、ヴラマンクの創作の深奥にせまる展示。
  • 観 覧 料 : 
    【前売券】一般/前売券1,000円・大高生/満70歳以上/前売券600円・中学生以下/無料。
    現在、販売期間中。~2018/6/1(金) 23:59迄。予定枚数終了しだい発売終了になるので要注意。
    ※予定枚数終了しだい発売終了。

    【当日券】一般/1,200円・大高生70歳以上/800円・中学生以下/無料。
    当日券販売:2018/6/2(土) 0:00より発売
    ※予定枚数終了しだい発売終了。
  • 駐 車 場 : 無し(以下の周辺駐車場参照)
  • 周辺駐車場:割引サービスのある駐車場、サービス内容は各駐車場で違う。
    ① 駅北パーキング 054-252-0120 静岡市葵区黒金町1-6
    ② サウスポット伊伝パーキング 054-281-6776 静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡B1F
    ③ 中西ガレージ  054-260-4242 静岡市葵区黒金町61-5
    ④ NPD御幸町パーキング 080-5778-9771 静岡市葵区御幸町7-14
    ※ 参考情報です。
    ※ バス(2ナンバー)専用は、
    駿府城跡観光バス駐車場 054-255-6868 静岡市葵区追手町4-16
  • アクセス: 
    ・ JR静岡駅北口 → 地下道 → 徒歩約5分。
    ・ 静岡鉄道「新静岡」駅 → 徒歩約5分。
    ・ 東名 静岡I/C → 車 約20分。
  • 問 合 先 : 静岡市美術館 / Shizuoka City Museum of Art
    TEL: 054 273 1515(代表) FAX:054 273 1518
    〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
  • そ の 他 : 

  • 企画展・記念講演会

    • 1.講演会「ヴラマンク~色彩、そして道~」
      開催日時: 7月29日(日) 14:00~15:30(開場13:30)
      会 場 : 多目的室
      演 題 : 「ヴラマンク~色彩、そして道~」
      講 師 : 六人部昭典氏(実践女子大学教授)
      参加料 : 無料
      定 員 : 70名
      申込締切: 7月12日(木)必着。応募者多数の場合抽選。
    • 2.学芸員によるスライドトーク
      開催日時: 8月25日(土) 14:00~(約30分ほど)
      会 場 : 多目的室
      参加料 : 無料
      申込締切: 事前申込不要。当日直接多目的室へ。
    • 申込方法(上記1~4については以下①又は②にて申込む)

      ①静岡市美術館ホームページ申込フォーム 又は ②往復はがきにて。
      ※申込1件について4名まで申込可能。
      ①静岡市美術館ホームページから申込む場合
       EVENT 一覧掲載ページで、イベントを選び(クリック)して、頁下にある[申込フォーム]から申し込む。EVENTページへ ⇒ クリック

      ②往復はがきで申込む場合
       記載事項は以下参照。
      まず、返信用はがきに宛先をご記入ください。
      ①催事名、催事日
      ②氏名(参加人数分)
      ③年齢(参加人数分)
      ④住所(郵便番号から)
      ⑤電話番号

       宛先:〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階 静岡市美術館

      ※抽選の如何にかかわらず結果は通知いたします。
    • 問合先 : 静岡市美術館 054 273 1515(代表)
      〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階
  • ワークショップ

     

  • 知っ得情報☆彡

    •  
    •  
    •  

     

 

 


 静岡市美術館 基本情報☆彡

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

  • 名 称: 静岡市美術館 
  • 英語表記: Shizuoka City Museum of Art
  • 所 在 地: 〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
  • 開館時間 : 10:00~19:30 (展示室入場は閉館30分前迄)
  • 休 館 日:  月曜日(月曜祝日の場合は次の翌日休館)・年末年始
  • 観 覧 料 : 展覧会により別料金。交流ゾーン・ショップ利用は無料。
  • 駐 車 場 : 無し
  • 周辺駐車場:割引サービスのある駐車場、サービス内容は各駐車場で違う。
    ① 駅北パーキング 054-252-0120 静岡市葵区黒金町1-6
    ② サウスポット伊伝パーキング 054-281-6776 静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡B1F
    ③ 中西ガレージ  054-260-4242 静岡市葵区黒金町61-5
    ④ NPD御幸町パーキング 080-5778-9771 静岡市葵区御幸町7-14
    ※ 参考情報です。
    ※ バス(2ナンバー)専用は、
    駿府城跡観光バス駐車場 054-255-6868 静岡市葵区追手町4-16
  • アクセス: 
    ・ JR静岡駅北口 → 地下道 → 徒歩約5分。
    ・ 静岡鉄道「新静岡」駅 → 徒歩約5分。
    ・ 東名 静岡I/C → 車 約20分。
  • 問 合 先 : 静岡市美術館 / Shizuoka City Museum of Art
    TEL: 054 273 1515(代表) FAX:054 273 1518
    〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
  • そ の 他 : 

 

平成30/6/2(土)~7/15(日)「ミュシャ展~運命の女たち~」開催情報☆彡 静岡市美術館

 

 

これまでの展示情報☆彡



「ミュシャ展~運命の女たち~」開催 とめ情報


  • 平成30/6/2(土)~7/15(日)「ミュシャ展~運命の女たち~」開催情報☆彡 静岡市美術館
  • 「ミュシャ展~運命の女たち~」

  • 会 期: 平成30年 6月2日(土)~7月15日(日)まで
  • 会 場: 静岡市美術館 
  • 所 在 地: 〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
  • 開館時間 : 10:00~19:00 (展示室入場は閉館30分前迄)
  • 休 館 日:  毎週月曜日
  • 観 覧 料 : 
    【前売券】一般/前売券 800円・大高生/満70歳以上/前売券 500円現在、販売期間中。~2018/6/1(金) 23:59迄。予定枚数終了しだい発売終了になるので要注意。
    ※予定枚数終了しだい発売終了。

    【当日券】一般 1,000円 / 大高生・70歳以上 700円 / 中学生以下 無料。
    当日券販売:2018/6/2(土) 0:00より発売
    ※予定枚数終了しだい発売終了。
  • 駐 車 場 : 無し(以下の周辺駐車場参照)
  • 周辺駐車場:割引サービスのある駐車場、サービス内容は各駐車場で違う。
    ① 駅北パーキング 054-252-0120 静岡市葵区黒金町1-6
    ② サウスポット伊伝パーキング 054-281-6776 静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡B1F
    ③ 中西ガレージ  054-260-4242 静岡市葵区黒金町61-5
    ④ NPD御幸町パーキング 080-5778-9771 静岡市葵区御幸町7-14
    ※ 参考情報です。
    ※ バス(2ナンバー)専用は、
    駿府城跡観光バス駐車場 054-255-6868 静岡市葵区追手町4-16
  • アクセス: 
    ・ JR静岡駅北口 → 地下道 → 徒歩約5分。
    ・ 静岡鉄道「新静岡」駅 → 徒歩約5分。
    ・ 東名 静岡I/C → 車 約20分。
  • 問 合 先 : 静岡市美術館 / Shizuoka City Museum of Art
    TEL: 054 273 1515(代表) FAX:054 273 1518
    〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
  • そ の 他 : 

  • 企画展・記念講演会

    • 1.講演会「アルフォンス・ミュシャ-世紀末パリの異邦人」
      開催日時: 6月 9日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
      会 場 : 多目的室
      演 題 : 「ミュシャの旅」
      講 師 : 海野弘氏(評論家)
      参加料 : 無料
      定 員 : 100名
      申込締切: 5月25日(金)必着。応募者多数の場合抽選。
    • 2.学芸員によるスライドトーク
      開催日時: 6月16日(土)・7月8日(日) 14:00~(約30分ほど)
      会 場 : 多目的室
      参加料 : 無料
      申込締切: 事前申込不要。当日直接多目的室へ。
    • 申込方法(上記1~4については以下①又は②にて申込む)

      ①静岡市美術館ホームページ申込フォーム 又は ②往復はがきにて。
      ※申込1件について4名まで申込可能。
      ①静岡市美術館ホームページから申込む場合
       EVENT 一覧掲載ページで、イベントを選び(クリック)して、頁下にある[申込フォーム]から申し込む。EVENTページへ ⇒ クリック

      ②往復はがきで申込む場合
       記載事項は以下参照。
      まず、返信用はがきに宛先をご記入ください。
      ①催事名、催事日
      ②氏名(参加人数分)
      ③年齢(参加人数分)
      ④住所(郵便番号から)
      ⑤電話番号

       宛先:〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階 静岡市美術館

      ※抽選の如何にかかわらず結果は通知いたします。
    • 問合先 : 静岡市美術館 054 273 1515(代表)
      〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階
  • ワークショップ

     

  • 知っ得情報☆彡

    •  
    •  
    •  

     



「いつだって猫展」開催まとめ

  • 「いつだって猫展」

  • 会 期: 平成30年 4月7日(土)~5月20日(日)まで
  • 内 容: 猫が題材の浮世絵を中心に、招き猫やおもちゃ絵、版本などを交えながら、江戸後期から明治にかけての「猫ブーム」の諸相の紹介展示。
  • 企画展・記念講演会

    • 1.講演会(1)「絵と芝居から見る江戸時代の化け猫」
      開催日時: 4月15日(土) 14:00~15:00(開場13:30)
      会 場 : 多目的室
      演 題 : 「絵と芝居から見る江戸時代の化け猫」
      講 師 : 横山泰子氏(法政大学教授)
      参加料 : 無料
      定 員 : 70名
      申込締切: 3月30日(金)・申込後抽せん。
    • 2.講演会(2)「江戸の猫ブーム」
      開催日時: 4月21日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
      会 場 : 多目的室
      演 題 : 「江戸の猫ブーム」
      講 師 : 津田卓子氏(名古屋市博物館 学芸員)
      参加料 : 無料
      定 員 : 70名
      申込締切: 4月6日(金)・申込後抽せん。
    • 3.学芸員によるスライドトーク
      開催日時: 5月12日(土) 14:00~(約30分ほど)
      会 場 : 多目的室
      参加料 : 無料
      定 員 : 70名
      申込締切: 事前申込不要。当日直接多目的室へ。




白隠禅師250年遠諱記念展「駿河の白隠さん」開催まとめ

  • 白隠禅師250年遠諱記念展「駿河の白隠さん」

  • 会 期: 平成30年 2月10日(土)~3月25日(日)まで
  • 内 容: 「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」

     臨済禅の中興の祖、白隠慧鶴(はくいん えかく)禅師は、駿河国原宿、現在の静岡県沼津市に生まれる。晩年は三島の龍澤寺を開山し、松蔭寺で84年の長寿をまっとうする。「白隠禅師250年遠諱(おんき)記念展では、静岡の寺院や在家居士宅に伝来した白隠の書画を中心に、約120点を展示し、画風の変遷や江戸絵画への影響を探るというテーマをもって開催された。
  • 企画展・記念講演会

    • 1.講演会「白隠さん大好き」
      開催日時: 2月10日(土) 14:00~15:00(開場13:30)
      会 場 : 多目的室
      演 題 : 「白隠さん大好き」
      講 師 : ブルース・R・ベイリー氏 (日本ロレックス株式会社代表取締役社長)
      聞き手 : 吉田恵理(当館学芸員)
    • 2.法話「白隠禅師と民衆教化」
      開催日時: 2月17日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
      会 場 : 多目的室
      演 題 : 「白隠禅師と民衆教化」
      講 師 : 宮本圓明老大師(松蔭寺住職)
    • 3.講演会「白隠江戸社会の変革者」
      開催日時: 2月25日(日) 14:00~15:30(開場13:30)
      会 場 : 多目的室
      演 題 : 「白隠さん大好き」
      講 師 : 高橋敏氏(国立歴史民俗博物館 名誉教授)
    • 4.座談会「白隠の絵をとことん語る」
      開催日時: 3月 4日(日) 14:00~16:00(開場13:30)
      会 場 : 多目的室
      演 題 : 「白隠さん大好き」
      講 師 : 浅井京子氏(元早稲田大学會津八―記念博物館 特任教授)
      矢島新氏(跡見学園女子大学教授)
      聞き手 : 吉田恵理(当館学芸員)
  • 知っ得情報☆彡

    • 「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」
    • 臨済禅の中興の祖、白隠慧鶴(はくいん えかく)禅師。1685~1768年。
    • 駿河国原宿、現在の静岡県沼津市の町屋に生まれる。15歳で出家して原にある松蔭寺に入り、諸国を行脚、飯山(長野県)で悟りを開く。
    • 晩年は、三島の龍澤寺を開山。


     






 


参考情報・サイト

  • 静岡市美術館 / Shizuoka City Museum of Art ⇒ クリック  
    054 273 1515 〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
  • ふじのくに茶の都ミュージアム⇒ クリック
    0547‐46‐5588 〒428-0034 静岡県島田市金谷富士見町3053-2
  • 島田市博物館 ⇒ クリック
    0547 37 1000 〒427-0037 静岡県島田市河原1-5-50
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム ⇒ クリック
    054-260-7111 〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
  •  
  • 磐田市歴史文書館 ⇒ クリック
    TEL: 0538-66-9112 FAX: 0538-66-9722
    438-0204 静岡県磐田市岡729-1
  • 遠江国分寺跡・磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田の文化財>磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田市教育委員会 文化財課 (磐田市埋蔵文化財センター内) 
    0538-32-9699 (8:30~17:15)
  • 磐田市立中央図書館 ⇒ クリック
    TEL 0538 32 5254 
    〒438-0086 静岡県磐田市見付3599-5
  • 磐田市観光協会 ⇒ 公式サイトへ
  •  
  • 浜松市立内山真龍資料館  ⇒ クリック
    0539-25-4832 〒431-3305 静岡県浜松市天竜区大谷568
  • 袋井市歴史文化館  ⇒ クリック
    TEL 0538 23 9269 〒437-1192 静岡県袋井市浅名1028番地(浅羽支所2階・3階)
  •  
  • くずし字解読講座テキスト一覧(古文書解読) ⇒ クリック
    古文書解読の一押しの参考サイト(静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ)。
  • 静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ  ⇒ クリック
  • 磐田市歴史文書館  ⇒ クリック


  • 平成30/4/7(土)~5/20(日)。「いつだって猫展」開催☆彡猫が題材の浮世絵を中心に、江戸後期から明治にかけての「猫ブーム」の紹介展示。静岡市美術館
2018年07月18日