[開催履歴・東京国立博物館] 特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

[開催履歴]
特別展「顔真卿(がんしんけい) 王羲之を超えた名筆」開催・東京国立博物館

東京国立博物館
TEL:03 5777 8600(ハローダイヤル) 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 




 



[開催履歴]
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」開催

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト)

 

書の普遍的な美しさを法則化したとされる唐時代にスポットをあて、「顔真卿(がんしんけい)」の人物や書の本質に迫る。書体の変遷~王羲之書法の継承と楷書の完成 ~王羲之書法の形骸化と情感の発露~顔真卿の活躍~そして、日本における唐時代の書の受容-三筆と三跡 ~宋時代における顔真卿の評価~後世への影響・王羲之神話の崩壊という展示ストーリーになっている。


  • 会期: 平成31年1月16日(水) ~2月24日(日)

  • 会  場 : 平成館 特別展示室 
  • 主 催: 東京国立博物館・毎日新聞社・日本経済新聞社・NHK
  • 特別協賛: 大和ハウス工業
  • 協 賛: 信越化学工業・損保ジャパン日本興亜・トヨタ自動車・NISSHA・三菱商事
  • 協 力:  内田洋行・台東区立書道博物館・毎日書道会
  •  
  • 公開講座

  • 2019年1月27日(日) 14:00~15:00(開場は13:30予定)
    平成館 大講堂
    (1)席上揮毫&トーク「古典を受け継ぐ現代の書-世代をつなぐ筆墨の美-」
    出演者: 仲川恭司氏(毎日書道会理事)・鬼頭墨峻氏(毎日書道会理事)・石飛博光氏(毎日書道会理事)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし本展覧会の観覧券必要。半券でも可。)
    申込方法:下記、申込方法参照。
    申込締切:11月26日(月)必着。

  • 2019年2月2日(土) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    (2)月例講演会/連携講演会「王羲之書法の残影―唐時代への道程―」
    講 師: 
    鍋島稲子氏(台東区立書道博物館主任研究員)
    富田淳氏(当館学芸企画部長)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし当日の入館料が必要。)
  •  
  • ギャラリートーク
  • 南北朝時代の書―東晋と唐の架け橋―
    日時: 2019年2月19日(火) 14:00~14:30
    会場: 東洋館-第8室
    講師: 六人部克典氏(登録室研究員)

 

 

これまでの展示☆彡


履歴☆彡


特別展「縄文~1万年の美の鼓動」

約1万3000年前にはじまった縄文時代、この時代の人びとが作り出した数々の道具は、不思議な力強さと魅力をもっています。本展では「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫まる。縄文時代1万年の「美の鼓動」を体感できる。縄文の国宝、6件がすべて集結するのは史上初となる。

  • 国宝 出土品
  • ・「仮面の女神」 7/31(火)~9/2(日)展示
  • ・「縄文のビーナス」7/31(火)~9/2(日)展示
  • ・「合掌土偶」・「火焔型土器」・「縄文の女神」・「中空土偶」
  • 会期: 平成30年7月3日(火) ~9月2日(日)

  • 会  場 : 平成館
  • 主 催: 東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
  • 協 賛: 凸版印刷
  • 協 力:  文化庁、国際交流基金、大塚オーミ陶業、大塚国際美術館、日本児童教育振興財団
  • 公開講座

  • 2018年7/28(土) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    (1)記念講演会「縄文の美を楽しむ」
    講 師:
    品川欣也氏(考古室主任研究員)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし本展覧会の観覧券必要。半券でも可。)
    申込方法:下記、申込方法参照。[受付中]
    申込締切:6月18日(月)必着。
  • 2018年7/22(日) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    (2)トークイベント「縄文・日本美術・岡本太郎」
    講 師: 
    山下裕二氏(美術史家・明治学院大学教)
    井上洋一氏(東京国立博物館副館長)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし本展覧会の観覧券必要。半券でも可。)
    申込方法:下記、申込方法参照。[受付中]
    申込締切:6月11日(月)必着。

  • 申込方法:往復はがきで申込み。
    「往信用裏面」に、
    ①希望するイベントの番号(例、フォーラム(1))、
    ②参加者全員(2名まで)の氏名・ふりがな、
    ③代表者の郵便番号・住所、
    ④代表者の電話番号を、
    「返信用表面」に
    ⑤代表者の郵便番号・住所・氏名を
    明記のうえ、以下の申込先に郵送のこと。
    申込先: 
    (1)記念講演会「縄文の美を楽しむ」;
      〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-28-9-4階 ウインダム「縄文」展講演会事務局
    (2)トークイベント「縄文・日本美術・岡本太郎」;
      〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-28-9-4F ウインダム 「縄文」展[1]トークイベント係
    申込締切:
    (1)記念講演会「縄文の美を楽しむ」;平成30年6月18日(月)必着。
    (2)トークイベント「縄文・日本美術・岡本太郎」;平成30年6月11日(月)必着

     





特別展創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年
特別展「名作誕生~つながる日本美術~」

日本美術史での「名作」は、どのようにして生まれ、受け継がれ、次の名作の誕生へと連環してきたのであろうか。この特別展で、それぞれの作品においての影響や共通する美意識に着目し、またそれぞれの地域や時代を超えた名作誕生の背景を、国宝・重要文化財含む約130件を通して紹介展示している。

  • 会期: 平成30年 4月13日(金)~5月27日(日)

  • 会  場 : 平成館
  • 公開講座

  • 2018年4/14(土) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    記念講演会(1)「日本美術鑑賞への誘い」
    講 師:
    小林忠氏(『國華』主幹、岡田美術館館長)
    河野元昭氏(『國華』編輯委員、静嘉堂文庫美術館館長)
    瀬谷愛氏(東京国立博物館保存修復課主任研究員)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし本展覧会の観覧券必要。半券でも可。)

  • 2018年4/21(土) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    記念講演会(2)「つながる雪舟、つながる若冲」
    講 師: 
    島尾新氏(『國華』編輯委員、学習院大学教授)
    佐藤康宏氏(『國華』編輯委員、東京大学教授)
    瀬谷愛氏(東京国立博物館保存修復室主任研究員)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし本展覧会の観覧券必要。半券でも可。)


特別展「アラビアの道~サウジアラビア王国の至宝~」

平成30/1/23(火)~5/13(日)



特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ~天平と真言密教の名宝~」

真言宗御室派総本山の仁和寺は、光孝天皇が仁和2年(886年)に建立を発願し、次代の宇多天皇が仁和4年(888年)に完成させた。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。この展覧会は、仁和寺の寺宝をはじめ、御室派寺院が所蔵する仏像を中心とした作品展示構成となっている。

  • 会期: 平成30年 1月16日(火) ~3月11日(日)
  • 会  場 : 平成館
  • 出 陳 品 : 展示作品リスト ⇒ クリック

  • 公開講座

  • 2018年1/19(金) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    フォーラム(1)「観音堂解体修理の最新報告」
    講 師:
    瀬川大秀 (総本山仁和寺宗務総長)
    井出亜里 (京都大学教授)
    奥村幸司 (サビア代表)
    吉田理 (京都府教育庁指導部文化財保護課主査)
    三田覚之 (当館教育普及室研究員)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし本展覧会の観覧券必要。半券でも可。)

  • 2018年2/10(土) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    記念講演会(2)「仁和寺と御室派」
    講 師:
    立部祐道(総本山仁和寺門跡・御室派管長)
    朝川美幸(総本山仁和寺学芸員)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし本展覧会の観覧券必要。半券でも可。)

  • 2018年2/17(土) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    記念講演会(3)「仁和寺と御室派のみほとけ」
    講 師: 丸山士郎(当館特別展室長)
    定 員: 380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
    聴講料: 無料(ただし本展覧会の観覧券必要。半券でも可。)

 

特別展「アラビアの道~サウジアラビア王国の至宝~」

平成30/1/23(火)~5/13(日)

表慶館



興福寺中金堂再建記念 特別展「運慶」

造像界の第一人者「運慶」とゆかりの深い「興福寺」をはじめとし、各地からの名品とその生涯の事績を通覧。さらに康慶、湛慶、康弁ら親子3代の作品を揃え、運慶の作風の完成から次代の継承までを辿るので、鎌倉彫刻の完成までの流れを概観するに必須な展示構成である。

  • 会  期: 平成29年 9月26日(火)~ 11月26日(日)

  • 会  場 :  平成館 2階 特別展示室
  • 出 陳 品 : 展示作品リスト ⇒ クリック

  • 公開講座

    2017年10/ 1(日) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    記念講演会「興福寺と運慶 - 特に北円堂の諸像をめぐって - 」
    講師 多川俊映師(法相宗大本山興福寺貫首)

    2017年10/28(土) 13:30~15:00(開場は13:00予定)
    平成館 大講堂
    記念講演会「運慶展 最新調査報告」
    講師 浅見龍介氏(東京国立博物館企画課長)

     

  • 関連展示

    2017年 8/29(火) ~ 2017年12/ 3(日)
    本館 14室
    「運慶の後継者たち 康円と善派を中心に」


 

日タイ修好130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」

  • 平成29年 7月 4日(火)~ 8月27日(日) 
    開場:平成館 2階 特別展示室
    内  容: 仏教国タイ。仏教がタイの文化にどのように浸透していったのでしょうか。タイ族前史の古代国家、黎明期のスコータイ朝、アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝と…。これらの時代における仏教美術の名品にふれ、タイ国の歴史と文化、さらには日本とタイの交流史についても展示紹介している。


 

 

参考情報

 

 

2018年12月01日