[開催履歴・奈良・明日香] 春期特別展 「骨ものがたり~環境考古学研究室のお仕事」・骨から歴史を読み解く・奈良文化財研究所 飛鳥資料館

[終了イベント]
[奈良・明日香]
春期特別展 「骨ものがたり~環境考古学研究室のお仕事」
奈良文化財研究所 飛鳥資料館

奈良文化財研究所 飛鳥資料館  TEL 0744 54 3561 〒634-0102 奈良県高市郡明日香村奥山601
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 

 

 

 

[終了イベント]
[奈良・明日香]
2019/4/23(火)~6/30(日)
春期特別展 「骨ものがたり~環境考古学研究室のお仕事」
・奈良文化財研究所飛鳥資料館

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 

  • 会期: 2019年4月23日(火)~6月30日(日)

  • 時  間: 09:00~16:30 (入館は 16:00まで)
  • 休館日 : 月曜休館(祝日と重なれば翌平日)・ただし4/29(月・祝)~5/6(月・振休)は開館。5/7(火)は休館。
  • 会  場 : 飛鳥資料館 特別展示室 
  • 主  催: 奈良文化財研究所飛鳥資料館・奈良県立橿原考古学研究所・明日香村教育委員会
  • 後  援: 文化庁・近畿日本鉄道株式会社
  • 観覧料 : 下記「飛鳥資料館 基本情報」参照
  • 内  容: 
    遺跡の発掘調査での出土する中には、獣や魚、鳥などのさまざまな動物の骨が見つかる。
    これらの骨は、偶然残ったものがほとんど、
    ・土の中で色が変わっていたり
    ・破片になっていたり
    している。
    しかし、よくよく観察してみると、細かい傷や変形した部分などが見つかる。

    どうしてこのような痕跡が骨に残っているのか?

    その謎を紐解いていくと、
    昔の人と動物たちの姿や様子が見えてくる。
    遺跡から出土する骨は、動物と人の関わり方、昔の人々の暮らしを知る上での
    重要な情報を持っている研究資料なのです。

    この展覧会では、
    東日本大震災の復興調査支援で分析している骨(縄文時代の巨大マグロの骨や、飛鳥時代や奈良時代の遺跡で見つかった骨)を中心に、古代の人々と動物との関わりを紹介、骨に隠された古代の歴史、その歴史を明らかにする研究の舞台裏を考える展示となっている。
  •  
  • ワークショップ


     

     

 

 

飛鳥資料館 基本情報☆彡 詳細⇒クリック

 


 


2019年03月23日