[静岡] 12/1(土)~2019/3/24(日)迄 企画展「くらやみの覇者~駿河湾のサメにみる多様性と未来~」開催まとめ☆彡ふじのくに地球環境史ミュージアム

ふじのくに地球環境史ミュージアム 
054-260-7111 〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 

展示情報☆彡

展示館 展示名 ・ 期間
企画展示室1・2 企画展「くらやみの覇者~駿河湾のサメにみる多様性と未来~」
平成30年12月1日(土曜日)~平成31年3月24日(日曜日)
   

 

 

予告・展示情報☆彡

展示館 展示名 ・ 期間
   

 

 

 

 

12/1(土)~2019/3/24(日)迄
企画展「くらやみの覇者~駿河湾のサメにみる多様性と未来~」
開催まとめ☆彡ふじのくに地球環境史ミュージアム

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )
  • 企画展
    「くらやみの覇者~駿河湾のサメにみる多様性と未来~」
  • 開催期間: 平成30年12月1日(土)~平成31年3月24日(日)
  • 開館時間 : 09:00~17:30 (最終入館午後5時)
  • 休 館 日:  毎週月曜日(月曜祝日の場合は次の平日)・年末年始(12/29~1/1)
  • 観 覧 料 : 一般600円 / 小学生以上大学生以下・70歳以上300円。
    ※団体20名以上。常設展も併せて観覧可。
  • 内容:「こわいのはサメか人か」と問いかけてくる企画展。思わず尻込みしてしまう。そう、怖いのはもちろん人だろうと…。世間一般的には、危険生物として恐れられるサメである一方では、古来よりサメを海からの恵みとして利用してきたのも事実である。近年、絶滅が危惧されるようになってしまったサメも少なくない。
    この企画展では、最大水深2,500m近くに及ぶ「日本最深の湾」駿河湾を中心に静岡県でみられる様々なサメの実際の姿や生態を紹介し、人との関わりを振り返りながら、人とサメとの関係について再考してみるきっかけとしての展示内容となっている。
  • 主催:ふじのくに地球環境史ミュージアム
  • 協力:神奈川県立生命の星・地球博物館、株式会社倉沢漁業、小川漁業協同組合、国立研究開発法人 海洋研究開発機構、国立研究開発法人 水産研究・教育機構 国際水産資源研究所、静岡県水産技術研究所、駿河湾深海生物館「ミュゼ ヘダビス」、東海大学海洋学部、特定非営利活動法人 静岡県自然史博物館ネットワーク、独立行政法人 国立科学博物館、日本板鰓類研究会、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」(五十音順)
  • 後援:NHK静岡放送局、静岡新聞社・静岡放送(五十音順)
  • 駐 車 場 : 有り(無料・200台)
  • アクセス: 
    ・ 新東名 新静岡I/C → 車 約30分。
    ・ 東名 静岡I/C → 車 約20分。
    ・ 直通バス(1時間に約1本)JR静岡駅北口バスターミナル8-B番乗り場 → 美和大谷線「ふじのくに地球環境史ミュージアム」行乗車 → 約30分 → 終点下車。
  • 問 合 先 : ふじのくに地球環境史ミュージアム
    TEL: 054-260-7111
    〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
  • そ の 他 : 

  • 企画展・記念講演会

    ※以下の1・2・3についてのイベントの定員、申込方法等は別途案内⇒クリック
  • 1.見学会・トークショー「深海おじさんのサメ解剖」

    「深海おじさんのサメ解剖」長谷川久志・長谷川一孝(焼津・長兼丸)
    日時:2019年1月13日(日曜日)14:00~16:00
    場所:ふじのくに地球環境史ミュージアム 実習室

  • 2.講演会「サメとひと」

    「駿河湾の深海ザメ」田中彰(日本板鰓類研究会会長)
    「サメと混獲)」シェリー・クラーク(Sasama Consulting)
    「深海ザメと化学物質汚染」堀江 琢(東海大学海洋学部准教授)
    日時:2019年2月3日(日)14:00~16:00
    場所:ふじのくに地球環境史ミュージアム 講堂
  • 3.講演会「サメと私」

    「シャーキビリティ向上のススメ」沼口麻子(シャーク・ジャーナリスト)
    日時:2019年2月24日(日)14:00~15:00
    場所:ふじのくに地球環境史ミュージアム 講堂

  • ギャラリートーク

    担当研究員による展示解説。
    開催日 :12/8(土)・2019年1/12(土)・2/9(土)・3/9(土)
    開催時間:各日14:00~(約30分程度)
    場 所 :ふじのくに地球環境史ミュージアム 企画展示室


     

 

 


ふじのくに地球環境史ミュージアム 基本情報

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

  • 名 称: ふじのくに地球環境史ミュージアム
  • 所 在 地: 〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
  • 開館時間 : 09:00~17:30 (最終入館午後5時)
  • 休 館 日:  毎週月曜日(月曜祝日の場合は次の平日)・年末年始
  • 観 覧 料 : 一般 600円 / 小学生以上大学生以下・70歳以上 300円。※団体20名以上。
  • 駐 車 場 : 有り(無料)
  • アクセス: 
    ・ 新東名 新静岡I/C → 車 約30分。
    ・ 東名 静岡I/C → 車 約20分。
    ・ 直通バス(1時間に約1本)JR静岡駅北口バスターミナル8-B番乗り場 → 美和大谷線「ふじのくに地球環境史ミュージアム」行乗車 → 約30分 → 終点下車。
  • 問 合 先 : ふじのくに地球環境史ミュージアム
    TEL: 054-260-7111
    〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
  • そ の 他 : 

  • 企画展・記念講演会




  • ワークショップ

     


     

 

 

 

これまでの展示情報☆彡



ふじミュー企画展「南アルプス~北極とヒマラヤが出会う場所~」

  • ふじミュー企画展
    「南アルプス~北極とヒマラヤが出会う場所~」
  • 開催期間: 平成30年6月16日(土)~平成30年9月24日(月・休)
  • 内容:南アルプスの成立ち、そこにくらす生物たちの紹介をして南アルプスの今と未来を考える。
    南アルプスには、世界で最も南にすむライチョウや高山植物などが生息している。ふもとまでは常緑広葉樹林が広がり、北から来た生物と南から来た生物たちが出会う場所でもある。それは、南アルプスには高山には寒い気候にくらす生物の生き残りがくらし、ふもとでは天竜川沿いに暖かい気候にくらす生物たちが北上してきています。つまり寒い気候にくらすものたちは北極に結びつき、照葉樹林にくらすものたちはヒマラヤにつながっています。このように、南アルプスは北極とヒマラヤの要素が出会う場所ともいえるのです。
2階企画展示室2 コレクション展「南アルプス展」
収蔵室保管の標本を中心に、南アルプス関連選りすぐりのコレクションの紹介展示。
平成30年6月16日(土)~30年9月24日(月・休)

展示館 展示名 ・ 期間
出張展示 ミュージアムキャラバン展「化石の世界・魚の世界」
平成30年3月21日(水)~平成30年5月27日(日)まで
2階企画展示室2 ミュージアム新収蔵品展
自然史標本(化石・昆虫・魚類等)の逸品紹介展示
平成30年3月21日(水)~平成30年5月27日(日)まで

企画展「先史時代の輝き~旧石器・縄文時代の人と環境~」

  • 開催期間: 平成29年 12月 2日(土)~平成30年2月25日(日)まで
  • 内容  : 静岡の各地から出土した遺物を、暮らしにまつわるテーマごとに展示。遺物を通じて先史時代に生きた人々の豊かな知性や感性に触れてみる。
  • 企画展・記念講演会:
    • 「1.黒曜石から分かること」
      開催日時:平成29年12月16日(土) 14:00~15:00
      演題・講師:
      「神津島産黒曜石を求めた航海 旧石器と縄文」
      池谷信之 客員研究員(明治大学黒曜石研究センター・旧石器考古学)
      「黒曜石製狩猟具の製作と使用」
      山岡拓也 准教授(静岡大学人文社会科学部・旧石器考古学)
    • 「2.古人骨から分かること」
      開催日時: 平成30年1月27日(土) 14:00~15:00
      演題・講師:「骨が語る日本人の歴史」 
      片山一道 名誉教授(京都大学理学研究科・自然人類学)
  • 企画展「先史時代の輝き~旧石器・縄文時代の人と環境~」
  •  


 


参考情報

  • ふじのくに地球環境史ミュージアム ⇒ クリック
    054-260-7111 〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
  •  
  • 磐田市歴史文書館 ⇒ クリック
    TEL: 0538-66-9112 FAX: 0538-66-9722
    438-0204 静岡県磐田市岡729-1
  • 遠江国分寺跡・磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田の文化財>磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田市教育委員会 文化財課 (磐田市埋蔵文化財センター内) 
    0538-32-9699 (8:30~17:15)
  • 磐田市立中央図書館 ⇒ クリック
    TEL 0538 32 5254 
    〒438-0086 静岡県磐田市見付3599-5
  • 磐田市観光協会 ⇒ 公式サイトへ
  •  
  • 浜松市立内山真龍資料館  ⇒ クリック
    0539-25-4832 〒431-3305 静岡県浜松市天竜区大谷568
  • 袋井市歴史文化館  ⇒ クリック
    TEL 0538 23 9269 〒437-1192 静岡県袋井市浅名1028番地(浅羽支所2階・3階)
  •  
  • くずし字解読講座テキスト一覧(古文書解読) ⇒ クリック
    古文書解読の一押しの参考サイト(静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ)。
  • 静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ  ⇒ クリック
  • 磐田市歴史文書館  ⇒ クリック


  • 6/16(土)~9/24(月・休)迄ふじミュー企画展「南アルプス~北極とヒマラヤが出会う場所~」開催まとめ☆彡ふじのくに地球環境史ミュージアム
2018年10月27日