[静岡] ふじのくに地球環境史ミュージアム・企画展・特別展などまとめ情報☆彡

ふじのくに地球環境史ミュージアム 
054-260-7111 〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 

展示情報☆彡

展示館 展示名 ・ 期間
企画展示室1 企画展「第2回ふじミュー写真展」
2019年9月7日(土)~11月4日(月・振)
詳細⇒クリック
企画展示室2  「ボタニカルアート展」
2019年9月7日(土)~11月4日(月・振)

 

 

予告・展示情報☆彡

展示館 展示名 ・ 期間
  企画展「大絶滅」
2019年11月30日(土)~2020年4月5日(日)

 

これまでの展示情報☆彡

 

 

企画展「伊豆半島驚異の環境」

会 期:2019年6月15日(土)~8月25日(日)

詳細⇒クリック

 

コレクション展
「もうひとつの伊豆半島 ワサビ栽培がはぐくむ恵み展」

会 期:2019年6月15日(土)~8月25日(日)

内 容:「静岡水わさびの伝統栽培」は、2018年3月にFAO(国連食料農業機関)から世界農業遺産に認定。ワサビ栽培が育む様々な恵み(生産・伝統・景観・生物多様性)の紹介展示。

 

トピックス展「空飛ぶ種子展」

会 期:2019年4月9日(火)~6月9日(日)

内 容:タンポポやススキなど風で飛ばされる種子の形や特性から、種を残すためのアイデアの紹介や変わった空飛ぶ種子、アルソミトラ、フタバガキなどの展示。

 

企画展「ミュージアムキャラバン展」

会 期:2019年4月6日(土)~5月26日(日)

内 容:新登場「植物の世界」・「魚の世界」展示。

詳細⇒クリック

 

企画展「くらやみの覇者~駿河湾のサメにみる多様性と未来~」

開催期間: 平成30年12月1日(土)~平成31年3月24日(日)

詳細⇒クリック

 

ふじミュー企画展「南アルプス~北極とヒマラヤが出会う場所~」

  • ふじミュー企画展
    「南アルプス~北極とヒマラヤが出会う場所~」
  • 開催期間: 平成30年6月16日(土)~平成30年9月24日(月・休)
  • 内容:南アルプスの成立ち、そこにくらす生物たちの紹介をして南アルプスの今と未来を考える。
    南アルプスには、世界で最も南にすむライチョウや高山植物などが生息している。ふもとまでは常緑広葉樹林が広がり、北から来た生物と南から来た生物たちが出会う場所でもある。それは、南アルプスには高山には寒い気候にくらす生物の生き残りがくらし、ふもとでは天竜川沿いに暖かい気候にくらす生物たちが北上してきています。つまり寒い気候にくらすものたちは北極に結びつき、照葉樹林にくらすものたちはヒマラヤにつながっています。このように、南アルプスは北極とヒマラヤの要素が出会う場所ともいえるのです。
2階企画展示室2 コレクション展「南アルプス展」
収蔵室保管の標本を中心に、南アルプス関連選りすぐりのコレクションの紹介展示。
平成30年6月16日(土)~30年9月24日(月・休)

展示館 展示名 ・ 期間
出張展示 ミュージアムキャラバン展「化石の世界・魚の世界」
平成30年3月21日(水)~平成30年5月27日(日)まで
2階企画展示室2 ミュージアム新収蔵品展
自然史標本(化石・昆虫・魚類等)の逸品紹介展示
平成30年3月21日(水)~平成30年5月27日(日)まで

企画展「先史時代の輝き~旧石器・縄文時代の人と環境~」

  • 開催期間: 平成29年 12月 2日(土)~平成30年2月25日(日)まで
  • 内容  : 静岡の各地から出土した遺物を、暮らしにまつわるテーマごとに展示。遺物を通じて先史時代に生きた人々の豊かな知性や感性に触れてみる。
  • 企画展・記念講演会:
    • 「1.黒曜石から分かること」
      開催日時:平成29年12月16日(土) 14:00~15:00
      演題・講師:
      「神津島産黒曜石を求めた航海 旧石器と縄文」
      池谷信之 客員研究員(明治大学黒曜石研究センター・旧石器考古学)
      「黒曜石製狩猟具の製作と使用」
      山岡拓也 准教授(静岡大学人文社会科学部・旧石器考古学)
    • 「2.古人骨から分かること」
      開催日時: 平成30年1月27日(土) 14:00~15:00
      演題・講師:「骨が語る日本人の歴史」 
      片山一道 名誉教授(京都大学理学研究科・自然人類学)
  • 企画展「先史時代の輝き~旧石器・縄文時代の人と環境~」
  •  


 

 

 

 


ふじのくに地球環境史ミュージアム 基本情報

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

  • 名 称: ふじのくに地球環境史ミュージアム
  • 所 在 地: 〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
  • 開館時間 : 09:00~17:30 (最終入館午後5時)
  • 休 館 日:  毎週月曜日(月曜祝日の場合は次の平日)・年末年始
  • 観 覧 料 : 一般 600円 / 小学生以上大学生以下・70歳以上 300円。※団体20名以上。
  • 駐 車 場 : 有り(無料)
  • アクセス: 
    ・ 新東名 新静岡I/C → 車 約30分。
    ・ 東名 静岡I/C → 車 約20分。
    ・ 直通バス(1時間に約1本)JR静岡駅北口バスターミナル8-B番乗り場 → 美和大谷線「ふじのくに地球環境史ミュージアム」行乗車 → 約30分 → 終点下車。
  • 問 合 先 : ふじのくに地球環境史ミュージアム
    TEL: 054-260-7111
    〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
  • そ の 他 : 

  • 企画展・記念講演会




  • ワークショップ

     


     

 

 

 

これまでの展示情報☆彡


企画展「ミュージアムキャラバン展」

会 期:2019年4月6日(土)~5月26日(日)

内 容:新登場「植物の世界」・「魚の世界」展示。

詳細⇒クリック

 

企画展「くらやみの覇者~駿河湾のサメにみる多様性と未来~」

開催期間: 平成30年12月1日(土)~平成31年3月24日(日)

詳細⇒クリック

 

ふじミュー企画展「南アルプス~北極とヒマラヤが出会う場所~」

  • ふじミュー企画展
    「南アルプス~北極とヒマラヤが出会う場所~」
  • 開催期間: 平成30年6月16日(土)~平成30年9月24日(月・休)
  • 内容:南アルプスの成立ち、そこにくらす生物たちの紹介をして南アルプスの今と未来を考える。
    南アルプスには、世界で最も南にすむライチョウや高山植物などが生息している。ふもとまでは常緑広葉樹林が広がり、北から来た生物と南から来た生物たちが出会う場所でもある。それは、南アルプスには高山には寒い気候にくらす生物の生き残りがくらし、ふもとでは天竜川沿いに暖かい気候にくらす生物たちが北上してきています。つまり寒い気候にくらすものたちは北極に結びつき、照葉樹林にくらすものたちはヒマラヤにつながっています。このように、南アルプスは北極とヒマラヤの要素が出会う場所ともいえるのです。
2階企画展示室2 コレクション展「南アルプス展」
収蔵室保管の標本を中心に、南アルプス関連選りすぐりのコレクションの紹介展示。
平成30年6月16日(土)~30年9月24日(月・休)

展示館 展示名 ・ 期間
出張展示 ミュージアムキャラバン展「化石の世界・魚の世界」
平成30年3月21日(水)~平成30年5月27日(日)まで
2階企画展示室2 ミュージアム新収蔵品展
自然史標本(化石・昆虫・魚類等)の逸品紹介展示
平成30年3月21日(水)~平成30年5月27日(日)まで

企画展「先史時代の輝き~旧石器・縄文時代の人と環境~」

  • 開催期間: 平成29年 12月 2日(土)~平成30年2月25日(日)まで
  • 内容  : 静岡の各地から出土した遺物を、暮らしにまつわるテーマごとに展示。遺物を通じて先史時代に生きた人々の豊かな知性や感性に触れてみる。
  • 企画展・記念講演会:
    • 「1.黒曜石から分かること」
      開催日時:平成29年12月16日(土) 14:00~15:00
      演題・講師:
      「神津島産黒曜石を求めた航海 旧石器と縄文」
      池谷信之 客員研究員(明治大学黒曜石研究センター・旧石器考古学)
      「黒曜石製狩猟具の製作と使用」
      山岡拓也 准教授(静岡大学人文社会科学部・旧石器考古学)
    • 「2.古人骨から分かること」
      開催日時: 平成30年1月27日(土) 14:00~15:00
      演題・講師:「骨が語る日本人の歴史」 
      片山一道 名誉教授(京都大学理学研究科・自然人類学)
  • 企画展「先史時代の輝き~旧石器・縄文時代の人と環境~」
  •  


 


参考情報

  • ふじのくに地球環境史ミュージアム ⇒ クリック
    054-260-7111 〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
  •  
  • 磐田市歴史文書館 ⇒ クリック
    TEL: 0538-66-9112 FAX: 0538-66-9722
    438-0204 静岡県磐田市岡729-1
  • 遠江国分寺跡・磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田の文化財>磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田市教育委員会 文化財課 (磐田市埋蔵文化財センター内) 
    0538-32-9699 (8:30~17:15)
  • 磐田市立中央図書館 ⇒ クリック
    TEL 0538 32 5254 
    〒438-0086 静岡県磐田市見付3599-5
  • 磐田市観光協会 ⇒ 公式サイトへ
  •  
  • 浜松市立内山真龍資料館  ⇒ クリック
    0539-25-4832 〒431-3305 静岡県浜松市天竜区大谷568
  • 袋井市歴史文化館  ⇒ クリック
    TEL 0538 23 9269 〒437-1192 静岡県袋井市浅名1028番地(浅羽支所2階・3階)
  •  
  • くずし字解読講座テキスト一覧(古文書解読) ⇒ クリック
    古文書解読の一押しの参考サイト(静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ)。
  • 静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ  ⇒ クリック
  • 磐田市歴史文書館  ⇒ クリック


  • 6/16(土)~9/24(月・休)迄ふじミュー企画展「南アルプス~北極とヒマラヤが出会う場所~」開催まとめ☆彡ふじのくに地球環境史ミュージアム
2019年08月12日