[磐田] 2022/7/30(土)~8/28(日)迄開催・企画展「明ヶ島土製品だヨ 全員集合 ~重要文化財1064点のすべて~」・磐田市・文化財課 於:磐田市立中央図書館

[磐田] 2022/7/30(土)~8/28(日)迄開催
企画展「明ヶ島土製品だヨ 全員集合 ~重要文化財1064点のすべて~」
磐田市・文化財課 於:磐田市立中央図書館

磐田市立中央図書館 TEL:0538 32 5254 FAX:0538 32 5154 438-0086 静岡県磐田市見付3599-5
( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )
[磐田] 2022/7/30(土)~8/28(日)迄開催企画展「明ヶ島土製品だヨ 全員集合 ~重要文化財1064点のすべて~」磐田市・文化財課 於:磐田市立中央図書館

 

ワンポイント情報☆彡

 

 

 

[磐田] 2022/7/30(土)~8/28(日)迄開催
企画展「明ヶ島土製品だヨ 全員集合 ~重要文化財1064点のすべて~」
磐田市・文化財課 於:磐田市立中央図書館

[磐田] 2022/7/30(土)~8/28(日)迄開催・企画展「明ヶ島土製品だヨ 全員集合 ~重要文化財1064点のすべて~」・磐田市・文化財課 於:磐田市立中央図書館

 

  • 保存修理完了記念
    企画展「明ヶ島土製品だヨ 全員集合 ~重要文化財1064点のすべて~」
    会期:令和4年7月30日(土)~8月28日(日) 09:00~18:00
  • 重要文化財 静岡県明ヶ島古墳群出土土製品(しずおかけんみょうがじまこふんぐんしゅつどどせいひん)は、平成8年(1996年)か
    ら平成10年(1998年)にかけて行った明ヶ島古墳群の発掘調査で一辺約14mの祭壇から、75箇所のまとまりとなって発見されました。
    出土された土製品は、人物、動物、武器・武具、楽器、容器、装身具や紡織具とその種類の多さ、量ともに国内でも他になく、古墳時代のマツリや生活の様子が窺える資料として1064点とその他の破片が、平成25年に重要文化財に指定されました。そして、平成26年から8年をかけての保存修理を終えて、今回の保存修理完了を記念して、重要文化財1064点のすべてを展示紹介。
  • 開催期間: 令和4年7月30日(土)~8月28日(日)
  • 開館時間 : 09:00~17:00 (土・日・祝日は17:00まで)
  • 会 場 : 磐田市立中央図書館 1階 展示室 (施設情報 ⇒クリック
  • 休館日 :  月曜休館・8/26(金)休館
  • 入館料 : 入館無料
  • 内 容 : 重要文化財静岡県明ヶ島古墳群出土土製品の保存修理完了を記念して、全1064点を展示。
  • 駐 車 場 : 有り(無料)
  • 問 合 先 : TEL:0538 32 5254 FAX:0538 32 5154 磐田市立中央図書館
    問 合 先 : TEL:0538 32 9699 FAX:0538 32 9764 磐田市教育委員会文化財課(磐田市埋蔵文化財センター)
  • そ の 他 : 

  • 企画展・記念講演会・特別講座

    講演会

    『祝!修理完了 重要文化財明ヶ島古墳群の土製品と磐田の古墳時代』
    (事前申込・応募多数抽選・受講無料)

    日 時:令和4年8月20日(土)14:00~16:00
    会 場:磐田市立中央図書館 2階 視聴覚ホール(磐田市見付3599-5)
    演 題:『祝!修理完了 重要文化財明ヶ島古墳群の土製品と磐田の古墳時代』
    講 師:横須賀倫達氏(文化庁文化財第一課 文化財調査官)
    内 容:土製品の保存修理指導の文化庁調査官が、土製品と磐田の古墳時代について分かりやすく語ってくれる。
    定 員:100人(事前申込・応募多数抽選・受講無料)
    対 象:どなたでも。
    申込方法:電子申請(LOGOフォームにて)⇒クリック・外部リンク
    申込締切:令和4年8月5日(金)
    申込結果:抽選の結果、詳細は申込者に通知。
    その他:新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、実施内容の変更、開催中止の場合あり。

  • 特別講座

  • ワークショップ


     

 


明ヶ島古墳群出土土製品って、どんなもの

明ヶ島古墳群出土土製品(みょうがじまこふんぐんしゅつどどせいひん)って、どんなものなの?
明ヶ島古墳からの出土品で土製品とまでは、字で見当はつくけど…。

 

この明ヶ島古墳群出土土製品は、平成8年(1996年)から平成10年(1998年)にかけて行った明ヶ島古墳群の発掘調査で、一辺約14mの祭壇から、75箇所のまとまりとなって発見されたものです。

この出土場所には、その後に古墳が築かれることから、その造営する前のマツリ(今でいう地鎮祭?)で使われた道具と考えられます。

出土された土製品は、時代的には5世紀前半の古墳時代の頃のもので、粘土こねて、焼き上げたものす。そのほとんどの大きさは、手に収まる10cmくらいです。
その種類といえば、人物、動物、武器・武具、楽器、容器、装身具、紡織具、農耕具、漁労具の土錘などがあります。これは、種類の多さ、量ともに、現時点では国内最大級とされています。
また、古墳時代のマツリや生活でのさまざまな道具を模したものなので、当時の様子が窺える資料として貴重なものです。こうした観点から、出土品の中でもよいモノ、1064点とその他の破片が、平成25年に重要文化財に指定されました。
そして、平成26年(2014年)から令和3年(2021年)、8年をかけての保存修理を終えて、今回の保存修理完了を記念して、重要文化財1064点のすべてを展示紹介する企画展となったのです。

種類の多さ、量ともに、国内最大級(重要文化財1064点のすべてを展示)

種類の多さ、量ともに、国内最大級(重要文化財1064点のすべてを展示)

 

人物(いろいろな人の形・武人など)

人物(いろいろな人の形・武人など)・ぷらり遠州

 

人物(いろいろな人の形・武人など)・ぷらり遠州

 

人物(いろいろな人の形・武人など)・ぷらり遠州

 

 

 


おまけの情報☆彡

  • 磐田市歴史文書館 ⇒ クリック
    TEL: 0538-66-9112 FAX: 0538-66-9722
    438-0204 静岡県磐田市岡729-1
  • 国立公文書館・関連リンク ⇒ クリック
  • 国立公文書館 ⇒ クリック
  •  
  • 遠江国分寺跡・磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田の文化財>磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田市教育委員会 文化財課 (磐田市埋蔵文化財センター内) 
    0538-32-9699 (8:30~17:15)
  • 磐田市立中央図書館 ⇒ クリック
    TEL 0538 32 5254 
    〒438-0086 静岡県磐田市見付3599-5
  • 磐田市観光協会 ⇒ 公式サイトへ

 

 

 

 ◆ 磐田市立中央図書館 施設情報 ⇒クリック

 

古文書関連本

古文書解読 初学者の一押しの参考サイト(静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ)。
くずし字解読講座テキスト一覧(古文書解読) ⇒ クリック


明治初期の初等教育用の国語の教科書にある「変体仮名」や「漢字の旧字」。これこそ近世の人と現代人の識字の橋渡しをしてくれる「くずし字」「古文書」の入門として最適な教材だと着目した本書は、基本の「ひらがな」「漢字」がマスターできる。

「くずし方」から引ける。

漢字6,406字を部首別画数順に配列、各字のくずし方を5通り以上。 用例として、書跡や古文書からその字を頭字とする用語・用文収録。(「MARC」データベースより抜粋)

難文字や難語句へのアプローチを多様化・簡便化するために索引や解説が充実。初めて古文書を読もうとする人を対象にした古文書解読の入門書。(「MARC」データベースより抜粋)

 

参考情報

  • 磐田市歴史文書館 ⇒ クリック
    TEL: 0538-66-9112 FAX: 0538-66-9722
    438-0204 静岡県磐田市岡729-1
  • 国立公文書館・関連リンク ⇒ クリック
  • 国立公文書館 ⇒ クリック
  •  
  • 遠江国分寺跡・磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田の文化財>磐田市役所 ⇒ クリック
  • 磐田市教育委員会 文化財課 (磐田市埋蔵文化財センター内) 
    0538-32-9699 (8:30~17:15)
  • 磐田市立中央図書館 ⇒ クリック
    TEL 0538 32 5254 
    〒438-0086 静岡県磐田市見付3599-5
  • 磐田市観光協会 ⇒ 公式サイトへ
  • 浜松市立内山真龍資料館  ⇒ クリック
    0539-25-4832 〒431-3305 静岡県浜松市天竜区大谷568
  • 袋井市歴史文化館  ⇒ クリック
    TEL 0538 23 9269 〒437-1192 静岡県袋井市浅名1028番地(浅羽支所2階・3階)
  •  
  • くずし字解読講座テキスト一覧(古文書解読) ⇒ クリック
    古文書解読の一押しの参考サイト(静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ)。
  • 静岡県立中央図書館・歴史文化情報センタ  ⇒ クリック


2022年08月10日