[開催履歴] 『二俣城跡及び鳥羽山城跡 国史跡指定記念シンポジウム』・記念講演:千田嘉博先生「二俣城・鳥羽山城の歴史的意義」・主催 浜松市・於:天竜壬生ホール

 



 


二俣城跡及び鳥羽山城跡 国史跡指定記念シンポジウム「記念講演」
千田嘉博先生「二俣城・鳥羽山城の歴史的意義」



トークショー(15:00~16:00)   

千田嘉博氏、山村亜希氏(歴史地理学者・京都大学大学院准教授)、コーディネーター(浜松市文化財課・鈴木主幹)



[終了イベント]
11/11(日) 12:30 開場 13:00~16:00
主催 浜松市、浜松市文化振興財団
『二俣城跡及び鳥羽山城跡 国史跡指定記念シンポジウム』

( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )

 

  • 日時: 平成30年11月11日(日)開場12:30 13:00~16:00
  • 会場: 浜松市天竜壬生(みぶ)ホール ⇒公式サイト
        〒431-3314 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣20番地の2 TEL: 053-922-3301
        天竜浜名湖鉄道「天竜二俣」駅下車→徒歩約10分。
  • 主催: 浜松市・公益財団法人浜松市文化振興財団
  • 概要: 平成30年2月に「二俣城跡及び鳥羽山城跡」が文部科学大臣から国史跡に指定。
    これを記念してのシンポジウム開催は、広く国指定の意義や「別城一郭」といわれる両城の特徴や歴史的価値、そして今後の活用の可能性などについて理解してもらうことを目的とし、午後からのシンポジウムとこれに先立ち午前には現地見学会が企画されている。

    二俣城(ふたまたじょう)は戦のための施設、鳥羽山城(とばやまじょう)は領主の生活場としてあったこの二つの城が一連の城としてそれぞれの役割を担っていた。「別郭一城」と呼ばれる特徴を持つこの「二俣城跡及び鳥羽山城跡」の現地見学会が同日午前中に開催されるので、事前に現地で城郭や石垣を実際に見聞できる企画となっている。
  • プログラム:

    1.オープニング(13:00~)
      太鼓演奏(遠州天竜太鼓龍勢組)
      主催者挨拶など。
    2.二俣城・鳥羽山城の紹介(13:15~)
      国指定の経緯や意義・この2つのお城についての説明
    3.記念講演(13:30~14:30)
      演題: 「二俣城・鳥羽山城の歴史的意義」
      講師: 千田嘉博氏(城郭考古学者・奈良大学教授)
    4.休憩(14:30~15:00)
      百笛会主宰・福原徹による笛演奏
    5.トークショー(15:00~16:00)
       千田嘉博氏、山村亜希氏(歴史地理学者・京都大学大学院准教授)

  • 入場: 無料(要申込/往復はがき・定員500名・応募多数の場合は抽選)
  • 定員: 定員500名(応募多数の場合は抽選)
  • 応募方法:往復はがき・記載方法⇒公式サイトへ  (往復はがき1枚につき3人まで応募可)
  • 応募締切:10月5日(金)まで必着。※応募者多数の場合は葉書毎に抽選。結果返信は10月中旬予定。
  • 問合先:TEL 053-457-2466 浜松市文化財課

11/11(日) 10:00~12:00
現地見学会 「二俣城跡及び鳥羽山城跡」

 

  • 日時: 平成30年11月11日(日) 10:00~12:00 (荒天中止
  • 集合: 鳥羽山公園(とばやまこうえん) 駐車場
        〒431-3314 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣2396
        天竜浜名湖鉄道天浜線「二俣本町駅」→徒歩約15分
  • 概要: 午後からのシンポジウムの開催に先立ち、二俣城跡及び鳥羽山城跡の現地見学会が開催される。
        ※シンポジウムへの参加者は終了後各自で天竜壬生ホールへ移動。
  • ガイド:浜松市文化財課職員が現地を案内。
  • 参加費: 無料(現地見学会は事前申込不要)※シンポジウムは事前申込必要。
  • 問合先:TEL 053-457-2466 浜松市文化財課

 

  • 「二俣城跡及び鳥羽山城跡」現地見学会開催まとめ☆彡 11/11(日)1000~1200(荒天中止) ・午後からのシンポジウム開催に先立ち、10時より浜松市文化財課職員が現地を案内。集合場所:鳥羽山公園駐車場 ⇒詳細
  • はてなブックマークに追加

 

 





参考情報

 

  • はままつの文化財・浜松市 ⇒ クリック
  • 奈良県立橿原考古学研究所 友史会 ⇒ 公式サイトへ
    友史会専用電話 050-3351-2177
    〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館内
  • 奈良県立橿原考古学研究所  ⇒ 公式サイトへ
  • 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 ⇒ 公式サイトへ
  •  
  • 日本遺跡学会 ⇒ 公式サイトへ
    TEL 0742 30 6816 FAX 0742 30 6815
    〒630-8577 奈良市佐紀町247-1  奈良文化財研究所景観研究室内
  •  
  • 名古屋港ポートビル ⇒ リンク
    TEL 052 652 1111 FAX 052 661 8646
    455-0033 名古屋市港区港町1番9号
  •  
  • 名古屋大学経済学部カンファレンスホール ⇒ リンク
  • 名古屋大学 ⇒ リンク
  •  
  • 大阪府立近つ飛鳥博物館 ⇒ 公式サイトへ
  •  
  • 朝日カルチャーセンター・名古屋教室 ⇒ 公式サイトへ
    TEL 052 249 5553 FAX 052 241 1943
    460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目4番5号 スカイル10階

これまでの講座☆彡


これまでの講座 履歴


6/30(土) 14:00~16:00
蓬左文庫典籍研究会
『文庫研究の世界~禁裏・公家文庫の目録学研究と蓬左文庫~』
講師:田島 公先生

  • 日時: 平成29年 6月30日(土)開場13:30 14:00~16:00
  • 会場: JPタワー名古屋 5階会議室(名古屋市立大学サテライト会議室)
        〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号
        JR名古屋駅 徒歩約 1分
  • 主催: 蓬左文庫典籍研究会
  • 後援: 名古屋市立大学人間文化研究所
  • 共催: 名古屋市蓬左文庫 〒461-0023 名古屋市東区徳川町1001
  • 演題: 「文庫研究の世界~禁裏・公家文庫の目録学研究と蓬左文庫~ 」
  • 講師: 田島 公氏(東京大学史料編纂所教授)
  • 問合先:TEL 052-872-5183 名古屋市立大学人間文化研究科 吉田一彦研究室・〒467-8501 名古屋市瑞穂区瑞穂町字山の畑1


6/23(土) 13:00~
『 第29回 名古屋 大和考古学講座』
講師:北井 利幸先生「弥生時代青銅器の補修技術 - 銅鐸を中心に -」

  • 日時: 平成29年 6月24日(土)13:30~16:30
  • 会場: 名古屋市博物館 地下1階講堂
        〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1丁目27-1
        地下鉄・桜通線「桜山」下車、4番出口南へ 徒歩約3分
  • 主催: 奈良県立橿原考古学研究所 友史会
  • 演題: 「弥生時代青銅器の補修技術 - 銅鐸を中心に - 」
  • 講師: 北井 利幸氏(橿原考古学研究所附属博物館 主任学芸員)


4/21(土)13:00~
くるべ古代歴史館・開館記念講演『歴史と歌と~久留部の里から~』
講師:上野誠先生(奈良大学教授)。場所:「あさけプラザ」

[三重・四日市] くるべ古代歴史館・開館記念講演『歴史と歌と~久留部の里から~』
日時: 平成30年4月21日(土) 13:00~
場所: 四日市地域総合会館「あさけプラザ」(〒510-8028 四日市市下之宮町296-1)
講師: 上野 誠先生(奈良大学教授)
問合せ: 059-365-2277 くるべ古代歴史館



3/25(日)13:30~16:20開催
東野治之奈良大学名誉教授・文化功労者選定記念フォーラム『法隆寺と聖徳太子』


日時:平成30年3月25日(日) 13:30~16:20(開場12:30)
会場:奈良大学講堂にて。

詳細⇒クリック

 



平成30/3/10(土)開催・二重・玉城町地域学講座 / 二重県玉城町共催千田嘉博先生「築城680年 田丸城 名城の謎と魅カ」

平成30/3/10(土)開催・二重・玉城町地域学講座 / 二重県玉城町共催千田嘉博先生「築城680年 田丸城 名城の謎と魅カ」
  • 日 時: 平成30年3月 10日(土) 13:15~16:30
  • 会 場: 朝日ホール
    〒460-8488 愛知県名古屋市中区栄1-3-3 15F
    地下鉄東山線「伏見」駅下車 → 7番出口 → 徒歩約5分。
  • 講座名: 三重・玉城町地域学講座「築城680年 田丸城 名城の謎と魅カ」
  • 講 師: 千田嘉博先生(奈良大学教授)
  • 内容:
    織田信雄(織田信長・二男)が、伊勢支配の拠点として築いた田丸城。本格的な石垣や天守台に相当した巨大な櫓台を備えた城。安土築城の前年である1575年(天正3)に完成したとされ、織豊系城郭の成立過程を読み解くキーである田丸城の構造を読み解いて、城郭史上の位置を明らかにし、近世城郭成立の歴史的意義を考える…。
  • カリキュラム:
    13:15~14:45 「織豊系城郭としての田丸城」田丸城の構造を読み解いて、城郭史上の位置づけを考える。
    15:00~16:30 「田丸城から安土城ヘ」織田信長の安土城から信長がめざした世界を考える。
  • 受講料: 会員・一般とも 2,160円
    朝日カルチャーセンタ入会には別途4,320円必要。会員でない場合も、65歳以上は会員入会金は無料となっているので、所定の手続きをすれば、会員受講料で受講できる。(詳細はカルチャーセンターへ要問合せ)。
    注)年齢が分かる免許証などの提示が必要。
  • 申込・問合先: 052 249 5553(受付窓口)朝日カルチャーセンター・名古屋教室
    月~土曜 09:30~18:30 日曜 09:30~16:30 ※原則、講座休講日は受付休み。
  • 3/10(土)開催・二重・玉城町地域学講座・二重県玉城町共催千田嘉博先生「築城680年 田丸城 名城の謎と魅カ」


平成30/2/24(土)開催・第28回名古屋大和考古学講座・重見泰先生「斉明天皇と飛鳥の陵墓群」

  • 日 時: 平成30年2月24日(土)13:30~16:30(開場 13:00)
  • 会 場: 名古屋港ポートビル 4F 講堂(〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1-9 )
         地下鉄「名古屋港」下車 徒歩約5分
  • 講座名: 「斉明天皇と飛鳥の陵墓群」
  • 講 師: 重見泰氏(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 主任学芸員)



平成30/1/27(土)第113回東京大和考古学講座・大西貴夫先生「毛原廃寺の調査と東山中の古代寺院・石仏」


  • 日 時: 平成30年1月27日(土) 14:00~16:30(受付開始 13:30)
  • 会 場: 東京国立博物館平成館大講堂(入場は西門より。受講票必帯)
  • 講座名: 「毛原廃寺の調査と東山中の古代寺院・石仏」
  • 講 師: 大西貴夫氏(奈良県立橿原考古学研究所 指導研究員)
  •  


[東京] 2017年度 日本遺跡学会 白河大会「文化遺産とまちづくり - 歴史まちづくり法による取り組み - 」

  • 日 時: 平成29年11月25日(土)13:30~16:30
  • 会 場: 白河市立図書館(りぶらん)地域交流会議室
    〒961-0957 福島県白河市道場小路96-5
    東北本線白河駅下車 → 徒歩約5分。
    東北新幹線 新白河駅下車 → タクシー約10分。
  • テーマ: 「文化遺産とまちづくり - 歴史まちづくり法による取り組み - 」
  • 基調講演: 「文化遺産とまちづくり」 有賀隆先生(早稲田大学理工学術院教授)
    事例報告: 白河市・国見町・磐梯町の各担当者
    パネルディスカッション: 坂井秀弥先生(コーディネーター)
  • 問合先: 0248-27-2310 白河市文化財課 史跡整備係
    〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

    TEL 0742 30 6816 日本遺跡学会事務局
    〒630-8577 奈良市佐紀町247-1(奈良文化財研究所景観研究室内)



朝日カルチャーセンタ・名古屋教室
講座:白石太一郎先生「継体朝成立と尾張連氏」

  • 日 時: 平成29年11月 1日(水)13:30~16:30
  • 会 場: 朝日カルチャーセンター名古屋教室
    460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目4番5号 スカイル10階
    地下鉄東山線「栄」駅下車 → 西改札から → 栄地下街クリスタル広場7番出口 → 徒歩約5分。
    市バス「広小路栄」停下車。
  • 講座名: 「継体朝成立と尾張連氏」
  • 講 師: 白石太一郎先生(大阪府立近つ飛鳥博物館館長・国立歴史民俗博物館名誉教授)
  • 内容:
    諸説ある継体大王の出自があるが、古墳という考古学資料から継体朝成立の実像を探っていく。畿内の勢力が王権を掌握したと考えられる中で尾張の勢力の役割は…。6世紀初頭~前半の時期に、畿内以外での最大断夫山古墳(前方後円墳、墳丘150m)が尾張に出現する…、その意味は…。
  • 受講料: 会員 3,132円  一般 3,780円
    朝日カルチャーセンタの会員でない場合も、65歳以上は会員入会金は無料となっているので、所定の手続きをすれば、会員受講料で受講できる(詳細はカルチャーセンターへ要問合せ)。
    注)年齢が分かる免許証などの提示が必要。
  • 申込・問合先: 052 249 5553(受付窓口)朝日カルチャーセンター・名古屋教室
    月~土曜 09:30~18:30 日曜 09:30~16:30 ※原則、講座休講日は受付休み。
  • 白石太一郎先生の「継体朝成立と尾張連氏」講座が、平成29年11月 1日(水)に名古屋・栄にある「朝日カルチャーセンタ・名古屋教室」で開講された。朝日カルチャーセンタの会員でない場合も、65歳以上は会員入会金は無料となっているので、所定の手続きをすれば、会員受講料で受講できる(詳細はカルチャーセンターへ要問合せ)。問合せは、052 249 5553 朝日カルチャーセンター・名古屋教室へ。


「黒塚古墳のすべて」第8回名古屋講演会

  • 日時: 平成29年10月21日(土)13:30~16:30 (開場13:00~)
  • 会場: 名古屋大学経済学部カンファレンスホール 2階
        464-8601 名古屋市千種区不老町
        地下鉄名城線・名古屋大学駅下車 1番出口すぐ
  • 主催: 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 / 奈良県立橿原考古学研究所 友史会
  • 後援: 中日新聞社
  • 演題と講師:
     「3・4世紀の東海と初期倭王権」 赤塚次郎氏(NPO法人・古代爾波の里・文化遺産ネットワーク理事長)
     「大和(オオヤマト)のなかの黒塚古墳」 豊岡卓之氏(奈良県立橿原考古学研究所副所長 兼 附属博物館館長)
  • 問合先: 0744 24 1185 FAX 0744 24 1355 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
  • 関連イベント: 
    平成29/10/ 7(土)~11/26(日) 橿原考古学研究所附属博物館 秋季特別展「黒塚古墳のすべて」

 

『 第27回 名古屋 大和考古学講座』

  • 日時: 平成29年 6月24日(土)13:30~16:30
  • 会場: 名古屋港ポートビル 4F 講堂
        455-0033 愛知県名古屋市港区港町1-9
        地下鉄「名古屋港」下車 徒歩約5分
  • 主催: 奈良県立橿原考古学研究所 友史会 名古屋支部
  • 演題: 「継体大王の遺跡学」
  • 講師: 坂 靖氏(橿原考古学研究所附属博物館 学芸課長)

『 第26回 名古屋 大和考古学講座』

  • 日時: 平成29年 2月25日(土)13:30~16:30
  • 会場: 名古屋港ポートビル 4F 講堂
  • 主催: 橿原考古学研究所 友史会 名古屋支部
  • 演題: 「 周縁城からみた日本列島の国家形成 -古墳時代の南九州とヤマト政権- 」
  • 講師: 吉村 和昭 氏(橿原考古学研究所付属博物館 学芸課長)

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月15日